暗号通貨のマイニングで安定収入? 本当に稼げるか検証してみた

こんにちは、阿部です。

 

「マイニングで安定収入をゲット」

「暗号通貨が広まるほど、マイニングは儲かりますよ」

 

こんな話を聞いたことありませんか?

 

実は僕のところにも、こういった案件がいくつも来ていますし、「やってみたいんですけど」といった相談を受けることも増えています。

 

ただ、言葉は知っていても「それが実際どのようなものなのか?どうすれば参加できるのか?」という仕組みの部分については知らない方が多いようです。

 

ということで、今回は「暗号通貨のマイニング」についてお話していきます。

 

マイニングって何?

マイニングとは、簡単に言えば取引履歴データと取引の承認・確認を行う作業のことです。

管理者がいないビットコインなどのブロックチェーンのシステムでは、誰かがデータのチェックを行わなければなりません。

複雑かつ大量の計算が必要であり、競争で最初に確認を終えた人に報酬として、その通貨が一定量与えられる仕組みになっています。

では、個人でこのマイニングに参加して利益が出るのか?


冒頭でお話したとおりビットコインなどブロックチェーンを使ったシステムはマイニング作業が必要不可欠です。

 

ビットコインも最初は個人でマイニングを行っていましたが、最近では難易度が高くなっており、集団かつ高度に設備化された状況での作業が主流になっています。

 

たとえば、マイニングプールやマイニングクラウドといった組織を作って、作業と報酬を配分するようなスタイルですね。

 

現在、マイニングで勝つためにはASICという計算速度を上げるチップを取り付けることがほぼ必須の状態になっています。

 

つまり、初期費用として設備投資が必要なのです。

これには数十万円~数百万円かかったりします。

 

マイニングはパソコンを24時間動かしていなければならないので、電気代が最大の経費(コスト)となります。

また、パソコンが熱を持ってしまうので冷却装置が必要です。

 

それらを踏まえて、利益が出せるかどうかの公式を簡単に書けば、

 

『マイニングの報酬ー電気代=利益』

 

もっと正確に言えば、

 

『マイニングの報酬ー電気代ー減価償却費(設備投資分)=利益』

 

ということになります。

 

マイニング場所は電気代の安い地域

現在、マイニングが行われている場所はある程度集中しています。

 

一番多いのは中国で、マイニングトップグループ6社は全て中国が拠点です。

この6社で全世界の80%以上を占めています。

 

なぜ中国に集まるのか?

最大の理由は「電力料金が安いから」です。

 

マイニングにかかる電力消費量は膨大なもので、たとえばビットコインのマイニングにかかる電力量を国の消費レベルで比べると、世界で60番目にくるほど巨大なものになっています。

 

ビットコインだけでそれくらいですから、アルトコインも含めた全通貨やこれからの電力消費量を考えると途方もない規模になるでしょう。

 

さて、個人の電気代に話は戻ります。

マイニング用に普通のパソコンを24時間続けて稼働させた場合、どんなに省電力を心がけても、一台あたり月に1000円を切るのは難しいと言われています。

 

ということは、月に1000円以上の報酬を手に入れなければ収支はマイナスです。

 

結局、マイニングって稼げるの?

自分のパソコンでマイニングを行った時に、どれだけの報酬があるかを計算できるサイトがあります。

 

※cryptocompare

https://www.cryptocompare.com/mining/calculator/btc?HashingPower=4730&HashingUnit=GH%2Fs&PowerConsumption=1293&CostPerkWh=0.12&MiningPoolFee=1

 

自分のパソコンの性能で、どれだけの報酬があげられるかを調べてから、マイニングに参戦するか否かを決めるといいですね。

 

計算できる通貨も8種類ほど用意されています。

 

マイニングでのパソコンの性能は、ハッシュレートという計算量を表す単位で示します。

 

これが高いほど報酬が上がるわけですが、チームでやっても毎月1,000円にも届かないというケースがほとんどのようです。

 

みなが高性能のコンピューターを使い、最新の技術や設備で競争しているため、利益を出すことがかなり困難になっています。

 

ネット関連でコンピューターの性能に任せて自動で利益をあげようとすれば、このような「最新技術の競合の壁」にぶつかってしまって利益をほとんど上げることができないというケースが大半です。

 

結論:マイニング(POWの通貨)で稼ぐのは相当難しい

 

これはアフィリエイトにも同じことが言えるでしょう。

 

今でもたまに「サイトの自動作成ソフトを使って、何百、何千ものサイトを量産して収益をあげよう」という案件を見ることがあります。

ですが、10年前ならともかく、現在ではそのような手法はほとんど通用しません。

 

理由は、記事を大量生産するソフトを使って、みなが同じようなことをしようとするからです。

 

中身がなく量産されたサイトでは、1サイトあたり月に数円も稼げずに終わってしまうでしょう。

いくら最新の技術であろうと、周りも同じものを使用していれば、それだけで勝つことはできないのです。

 

まとめ

★マイニングは莫大な電力消費を伴う

ビットコインだけで、世界で60位の国と同じ年間の電力消費量がある

 

★個人のマイニングは現在では利益数百円、電気代千円というのが平均的な数値

ここにも技術革新による価格破壊の波が押し寄せている

 

★(少なくとも個人レベルで)マイニングで稼ごうとするのは、止めたほうがいい


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す