「Monappy」にてモナコインが大量盗難!?【2018年9月2日】

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは本日の相場から確認していきましょう!

9月2日の相場は?→上昇!

本日、ビットコインは80万円で推移していて、ここ24時間で2%ほど上昇

時価総額トップ10通貨を見てみると、EOS以外がすべてプラス(緑字)となっており、上昇銘柄が目立っています。

こちらは時価総額トップ100の急上昇ランキングです。

ここ24時間でDogecoin (DOGE)が40%も高騰しています。

その大きな要因は「ドージサリウム」(後述)によるものです。

さて、それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう。

①ウォレット「Monappy」でモナコイン大量盗難!?

仮想通貨はウォレット(電子財布)によって保管されています。

モナコインのウォレットサービス「Monappy」は9月1日、同サービスに保管されている約50%弱のモナコインが盗まれたと発表しました。

「Monappy」では、ホットウォレットとコールドウォレットに分けて保管されており、コールドウォレット保管のモナコイン(全体の54.2%に当たる)は盗まれていません。

しかし、残りのホットウォレット保管のコインについては、ほぼ全てが盗難されてしまったようです。

ホットウォレット:インターネットに接続された状態で保管するウォレット

 

コールドウォレット:インターネットから切断された状態で保管するウォレット

また、メールアドレスやパスワードの流出は確認されていないようです。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

被害にあった「Monappy」は、具体的な被害金額を明らかにしていません。

そのため詳細は不明ですが、モナコイン価格は小幅下落に止まっているので、市場の影響はいまのところ限定的です。

ただし、Monappyはイラストなどのクリエーターへの投げ銭に使われるプラットフォームなので、モナコインはそうした需要を失うことから、価格下落に繋がる材料となります。

もちろん、Monappyにモナを預けていた人にとっては死活問題で、もれなくウォレット全員に影響することになります。

まずは、公式による進捗状況の発表を追っていくことが先決ですね。。。

②ドージコインが暴騰!「ドージサリウム」が要因

もっとも有名な草コインとも言われるドージコイン(Dogecoin)が3日間で2倍以上にも高騰しており、注目されています。

大きな要因は、ドージサリウム(Dogethereum)と呼ばれるプロジェクトが水面下で動いていること。

これはドージコインをイーサリアムに移動させるためのスマートコントラクトであり、9月5日にもデモが発表されることになっています。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

ドージサリウムの詳細についてはまだ明らかになっていないことも多く、9月5日のデモ以降、さらに上昇していく可能性もありますね。

またドージコインは草コインの「指標」とも界隈では言われています。

つまり、ドージコインが上がるとアルトコイン市場全体が上がるということで、そうした目線からも注目したいですね!

③ビットコインの神Roger Ver氏、XRPを保有していると明かす

ビットコインの価値がほぼない時期からその価値を信じ、大量のBTCに投資し成功したRoger Ver氏(ロジャー・バー氏)が、CNBCのインタビューでリップル(XRP)を保有していると明らかにしています

ビットコインとリップルのほかRoger Ver氏は、

  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • ダッシュ
  • モネロ
  • ジーキャッシュ
  • ZCoin
  • ステラルーメン

についても保有していると明らかにしています。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

著名投資家が保有しているからといい、その投資判断が正しいわけではありません。

しかしその影響力の大きさから、市場価格へも影響も与えます

またその投資判断も「参考」にはなりますので、気になる仮想通貨があれば調べてみましょう!

④リップル、Binanceカストディの取り扱い通貨に追加

つい先日に発表された仮想通貨インディックスファンド「Morgan Creek Digital Assets」において、リップルが除外されたことが話題となっています。

これはXRPホルダーにとって落胆のニュースとなりました。

しかしその後、Binance Custody(仮想通貨保管サービス)にXRPが採用されたことが明らかとなっていて、ホルダーは一安心です。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

カストディは、主に機関投資家の暗号資産を安全に保管するサービス。

機関投資家の流入のため欠かせないインフラとなります。

BinanceカストディではXRPのほか、

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • ライトコイン
  • ダッシュ
  • ステラルーメン

が追加されており、いずれも機関投資家の流入に期待です!

9月2日のまとめ

  • ①ウォレット「Monappy」でモナコイン大量盗難!?
  • ②ドージコインが暴騰!「ドージサリウム」が要因
  • ③ビットコインの神、Roger Ver氏がXRP保有
  • ④リップル、Binanceカストディの取り扱い通貨に

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す