Moneroが5つ以上に分裂(ハードフォーク)―その理由とは?

 

こんにちは、阿部です。

 

誰が、いくら、どこに送金したかが見えにくくなる

匿名性コイン」が一部の層から大きな支持を得ています。

 

そんな匿名性コインの中でも有名な存在である

Monero(モネロ)がハードフォークにより5つ以上に分裂します。

  • Monero Classic
  • Monero C
  • Monero 0
  • Monero Original

といった暗号通貨が新たに誕生し、さらに

2018年4月30日にはMonero Vも誕生予定です。

 

一体なぜ、Moneroはハードフォーク(分裂)したのか?

分裂したことによりどのような影響があるのか?

ニュースの詳細についてみていきましょう。

 

Moneroが5つ以上に「分裂」?

 

 

上述のとおり、匿名性コイン「Monero」は

5つ以上の暗号通貨に分裂することとなりました。

 

分裂とはいわゆる、「ハードフォーク」のことですね。

 

暗号通貨の仕様変更には

「ソフトフォーク」と「ハードフォーク」の2種類があります。

 

基本的には、「ソフトフォーク」軽い仕様変更であり

「ハードフォーク」は大掛かりな仕様変更といえるでしょう。

 

また「ソフトフォーク」では仕様変更の前と後で

互換性を保っているという特徴もあります。

つまり、分裂せずに1つの暗号通貨として持続していられるのです。

 

一方、「ハードフォーク」では、

フォーク前の暗号通貨との互換性がなくなるため、

「フォーク前のコイン」と「フォーク後のコイン」の

2種類の暗号通貨が誕生することになります。

 

今回のMoneroでは、もともと1つだった暗号通貨が、

合計5つ以上に分裂することになりました。

 

なぜこのようになってしまったのか?

鍵を握っているのは「ASIC」の存在です。

 

ASICとは?

 

ビットコイン、イーサリアム、Monero・・・

ほとんどの暗号通貨は例外なく、

マイニング」によって支えられています。

 

ユーザーが送金した暗号通貨の履歴を記録したり

不正ができないように高度な計算を繰り返したり

といったマイニングを行う「マイナー」が存在してこそ

多くの暗号通貨は稼働し続けられる仕組みとなっています。

 

そんなマイニングをするための方法として、大きく分けると2つがあります。

  • 通常のパソコン(CPU)を利用する方法
  • ASICと呼ばれるマイニングに特化した集積回路(CPU)を利用する方法

通常のパソコンであっても、ASICであっても、

マイニングを行うことは可能です。

 

しかし、マイニングに特化した集積回路であるASICを使えば

通常のパソコンよりも

はるかに効率的にマイニングをおこなうことができます。

 

イメージとしては、ASICとは

マイニングをおこなうことしかできないが、

マイニングをさせればこの上なく高性能なコンピューター

です。

 

しかし、ASICは、

マイニングする人にとってはメリットが大きいものの

その他大勢のユーザーにとっては

デメリットとなってしまうこともあります。

 

そのため、Moneroには(ASIC耐性)という

ASICを使ったマイニングをできないようにする機能

が備えられていました。

 

ここが大きなポイントであり、

マイナーからすると「専用の機器であるASICを使った方が儲かる

ので、MoneroのASIC耐性については反対の立場なのです。

 

この点で、Moneroの運営側とマイナー側での意見が対立。

結果として、Monero Classicなど

5つ以上の暗号通貨に分散することとなってしまったのです。

 

ASICの何が問題なの?

 

上述したように、ASICは

マイナーにとっては多くのメリットがありますが、

その他多くのユーザーにとっては

場合によってはデメリットとなることもあります。

 

一体なぜ、ASICがデメリットなのか?

その理由の1つとして挙げられるのが

暗号通貨の「中央集権化」が進んでしまうことです。

 

中央集権化とは、権力が特定の対象に集中してしまう現象のこと。

上記の例に限っていえば、マイナーなどに権力が集中してしまうことです。

 

通常マイニングは、世界中の誰でもパソコンさえあれば可能。

しかし、ASICが普及してしまうと

通常のパソコンでは処理能力が足りず、

事実上、高価なASICを使える業者でなければマイニングができなくなります。

 

これでは、暗号通貨コミュニティの性質上、

マイニングを行う人々が権力を握りやすくなってしまいます。

 

また、現在世界でASICを製造しているのは

ビットメイン社」という中国のメーカーほぼ1社。

そのため、ビットメイン社に権力が集中してしまう懸念もあります。

 

というわけで、Moneroコミニティにとっては

ASICはあまり歓迎するべき存在ではないとされていました。

 

今後、Moneroという暗号通貨がどういった方向に進んでいくのか。

これは実際に、しばらく時間を経てみないとわからない部分が多くあります。

Moneroにとって重要な時期に差し掛かっていることは確かなので、

僕たち投資家もしっかりと見守っていきたいところ。

重要なニュースがあれば、また共有させていただきますね。

 

今回は、Moneroのハードフォークについてお伝えしました!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です