手数料無料×高速送金「NANO(XRB)」に注目

こんにちは、阿部です。

 

 

昨晩から市場は全体的に

下落傾向にありますが

そんな中で大きな上昇を見せたのが

最近話題の「NANO(XRB)」です。

 

 

今回上昇した理由として考えられるのは

21日に公式Twitterにて

Android用ナノウォレットのベータ版が

発表されたことです。

 

現段階では残高の確認や

アプリ内でNANOの寄付や受取ができるようで

今後正式なリリースになれば

また価格が上昇するでしょう。

 

 

ところで、

イタリアの取引所BitGrailで起こった

大規模なハッキング事件をご存じですか?

 

実は、このとき盗まれてしまったのが、

当時約220億円相当のNANOだったんですね。

 

皮肉にもこの事件おかげで、

多くの人がNANOを知ることになったようです。

 

 

リブランディングで注目度は最大化!

 

 

実は「NANO」は新しい通貨ではありません。

 

以前は「RaiBlocks」という名前でしたが、

先月1月31日に現在の名前にリブランド。

さらに、バイナンスにも

人気1位で上場を果たすなど、

いま注目されているコインの1つです。

 

NANOのコンセプトは、

『既存の送金システムを変えること』

高速送金と送金手数料の無料によって、

それを果たそうとしています。

 

これらは2つの画期的な技術を

組み合わせることで実現しています。

 

糸状のブロックチェーンDAG

 

まず1つ目は、

IOTAも使用しているブロックチェーン技術

「DAG – Directed Acyclic Graph」

 

ブロックチェーンの多くは

単一の直線状に拡大していきます。

 

ですから、ブロックを1つずつ

積み重ねていかなければなりません。

 

しかし、ブロックサイズには限界があるため、

取引量が増えるとブロックに収まりきらない、

順番待ち取引が出てきます。

 

これが送金スピードが遅くなる原因ですね。

 

一方で、DAGは

糸状に絡まった構造をしていて

複数のブロックに分岐しながら

接続されていきます。

 

同じブロックにさえ戻らなければ

ブロックが2つになっても問題ない仕組みなので

同時に多くの処理ができるようになります。

 

これによって、

取引遅延が起きにくくなるのです。

 

 

バトンパスで手数料を相殺

 

 

2つ目は、

 

NANOの独自の技術である

「block-lattice」です。

 

通常のブロックチェーンの場合、

取引の検証や承認は

ネットワークの参加者全体で

行うものになっています。

 

一方NANOの場合は、

確認作業を誰かにバトンを渡す要領で

取り次いでいくのです。

 

自分が取引をするときに

別の誰かの取引を2つ処理することで

手数料を払わなくても

送金できるようになっています。

 

ユーザーに負担させることで

手数料無料が実現できているということです。

 

 

画期的な2つの技術で

ブロックチェーン技術の課題を

クリアしていくプロジェクトですから、

今後も目が離せない存在ですね。

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です