暗号通貨への投資をしていく上で”当たり前”にしたい3つのこと

こんにちは、阿部悠人です。

今日は「当たり前」にできるようになって欲しいことについて話をします。これができるようになれば損するリスクを低くし、利益を大きくしていけるようになります。

前提として

まず、前提として「目的意識」を持って投資を行ってください。「目的意識」をもって投資することは、暗号通貨投資において重要なポイントです。利益を出している投資家は必ずといってよいほど、目的意識をもって相場にのぞんでいます。

まれに、目的意識がない取り組みなのに成績がよい投資家もいますが、目指すところが曖昧なので長続きしません。目的がまだない方はこの機会に見つめ直してくださいね。

当たり前にして欲しい3つのこと

  1. 感情ではなく理詰めで考える
  2. 損切りを行う
  3. 上昇トレンドが行き過ぎたコインに飛びつかない

1つずつ説明していきますが、これらを「当たり前」にできれば損小利大にすることができます。損小になるので自ずとリスクも低く抑えられるようになります。ですので、これらを当たり前にできるようになりましょう!

(1)感情ではなく理詰めで考える

投資において「目標」や「目的意識」は理詰め考えなければいけません。趣味で楽しければいいという方もいるかもしれませんが、利益を狙うのであればビジネスとして向き合う意識が大切です。

例えば、「損小利大」という重要なキーワードがあります。「損が出たら早くロスカットし、利益がでたら大きく伸ばす」ことです。簡単に聞こえますが、人間は「利益は早く確定したい」と考える人がほとんどなので、なかなか難しい判断です。

次に話しますが、損切りはかなり勇気がいることだと思います。「ここで損切りしてもすぐに上昇トレンドになるのでは?」「今、損切りしてもまだ間に合うのだろうか?」と感情的になってできないという方も多いです。

ここで、感情を排して理詰めで考えることができれば、損小利大も徹底できます。

(2)損切りを行う

投資において達成すべき「目的」はシーン、個人によって異なります。ただ、常についてまわるのは「損切り(ロスカット)」ができるかという問題です。含み損が発生している状態で損失を確定させる「損切り」は、かなりの勇気を要します。

ですが、あらかじめ損切りラインを設けておくと、機械的に損切りすることができるようになります。投資は感情的になってしまうと余計に損失を出しやすいです。ですので、あらかじめ投資額の〇%減ったら損切りをするというルールを作っておきましょう。

(3)上昇トレンドが行き過ぎたコインに飛びつかない

これも絶対に避けたい1つです。上昇トレンドが続いているコインを見つけると「この調子でいけば、いくら儲かるだろう?」とワクワクしてしまい、投資してしまう方もいると思います。

あまりに値が上がり過ぎているコインに対しては警戒心を強く持つことが大切です。上昇トレンドへの投資がいけないわけではなく、そのコインがさらに伸びる「根拠」を明確にしておくクセをつけましょう。

まとめ

  1. 感情ではなく理詰めで考える
  2. 損切りを行う
  3. 上昇トレンドが行き過ぎたコインに飛びつかない

この3つを意識するだけでも損小利大になっていきやすいので、感情的にならず機械的に徹底をしていきたいですね!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す