日本人こそNEMを買うべき?カタパルトについても簡単解説!

 

こんにちは、阿部です。

 

あなたは、暗号通貨「ネム(NEM)」に

どんなイメージを持っていますか?

 

最近だと、やはり「コインチェック事件」が頭に浮かびますよね?

コインチェックの流出事件では、ネムが標的となり、

顧客の580億円分のネムが盗み出されてしまいました。

ということで、ネムについて

あまりよいイメージがない」という方も多いかもしれません。

 

しかし、実はネムはトップクラスに優れた暗号通貨の1つです。

もちろん、投資対象としても有力だと考えています。

 

それはなぜなのか?

ネムとはどういう暗号通貨なのか?

という部分について、シンプルにご紹介していきます。

 

ネムは高いセキュリティ能力を持つ

 

まず、誤解されがちな部分からお伝えしていきましょう。

普段から暗号通貨の情報収集を

怠らない方にとっては常識かもしれませんが…。

コインチェック事件はネム自体に何かしらの問題があったわけではない

ということを大前提として覚えておきましょう。

 

ネムを管理していたコインチェックの

保管状態がずさんだったから盗まれてしまったのであり、

決してネムにセキュリティ不足や虚弱性があったわけではありません。

 

それどころか、ネムは多くの暗号通貨と比較して

高いセキュリティ能力を持っています。

セキュリティが低い暗号通貨は、どれだけ送金スピードが早くても

送金手数料が安くても、価値はないといえるでしょう。

 

今後、量子コンピュータの登場により

暗号通貨の「暗号」が突破される通貨も出てくるかもしれません。

セキュリティの高い暗号通貨の利用が必須ですね。

 

ネムは長期的に「富の集中」が発生しにくい

 

暗号通貨の最大のメリットとは何なのか。

その1つとして「分散型」であること、

つまり特定の国や機関などに管理されないことが挙げられます。

 

しかし、本来は分散型であるはずの暗号通貨において

特定のユーザーやマイナーに権力が集中する傾向(中央集権化)が最近見られます。

中央集権化が進みすぎると、その暗号通貨のメリットが失われ、

ユーザーが離れてしまう可能性があります。

最終的には価格が下落してしまう、ということにもなるでしょう。

 

そこで、ネムにはそうした中央集権化が発生しにくい

Proof of Importance(プルーフ・オブ・インポータンス)

というコンセンサスアルゴリズムが採用されています。

 

短期的にはビットコインなどの

Proof of Workなどでも問題はないのですが、

長期的な視点でProof of Importanceを採用しているのがネムの特徴。

これからが楽しみなコインです。

 

ネムは送金スピードが最速クラス

 

ネムの実用性の高さが評価されている理由として

送金スピードの早さ」が挙げられます。

 

ネムは2018年内にも「カタパルト(Catapult)」という

大掛かりなアップデートを実施する予定です。

これにより、なんと

ネムの処理能力は約3000〜4000件/秒となる見通し。

 

ビットコインの処理能力は約7〜14件/秒

イーサリアムの約15件/秒であることを考えると、

いかに処理速度(=送金スピード)が早いかが分かりますね。

暗号通貨決済にネムが採用される確率も、グッと高まると思います。

 

(ちなみに、カタパルトのアップデートでは、

送金スピードのほか、セキュリティ向上、利便性向上など

総合的なパワーアップが図られます。注目の材料となるでしょう。)

 

ネムへの投資は日本人が有利?

 

投資で成功するために必要なのは、

そのコインについて詳しくなること、そして

新たな動向やトレンドをしっかりとつかむこと。

つまり、「情報力」です。

 

この点からいえば、ネムへの投資は日本人にとって有利です。

なぜなら、ネムは日本で特に盛り上がっており

日本人のホルダーも多く、日本語情報も多いからです。

 

暗号通貨トレードをとことん極めるなら

英語の習得も視野に入れる必要がありますが、

ネムなら日本語の情報に困らないため、英語力をカバーできます。

有利な場所で戦うのも、投資に欠かせない戦略といえるでしょう。

 

今回は、「ネム(NEM)」についてご紹介しました。

ちなみに、ネムに投資するのであれば

取引所は「Zaif(ザイフ)」が総合的におすすめですよ!

Zaifの公式サイトはこちら

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す