【日本初】日本の西粟倉村が「ICO」で地方創生を狙う!その詳細は?

こんにちは、阿部です。

ICOといえば国内より海外のイメージがありますよね。

とくにIT企業などの積極的な実施が思い出されます。

地方創生のため、州や自治体などがICOを行うケースもありますが、やはりいずれも海外の例が目立っています。

そんななか、なんと日本の岡山県、西粟倉村(にしあわくらむら)が地方創生のためのICOを実施するとのことです!人口1500の西粟倉村の町おこし。

果たして成功するのでしょうか?またICOの内容は、どういったものなのでしょうか?2018年6月14日時点で、発表されていることを、個人的な感想を交えながら記事にまとめてみました!

西粟倉村による地方創生ICOとは?!

近年、なにかとICOが騒がれています。

しかし、いずれも海外の話であり、国内においてICOが話題になることはほぼありません。

そんななか、国内ICOの認知度の向上暗号通貨の地位向上のキッカケとなるかもしれない。

そんな期待を抱かずにいられないニュースが岡山県西粟倉村のICO実施です。

これは、国内ICOの状況をみると非常にレアなケースといえます。

とはいえ、成功すれば同様の試みが次々に行われていく可能性もあります。

そんな期待も込めて、ご紹介します!

地方創生ICOの基本データ

西粟倉村のICOには、どのような特徴があるでしょうか?基本的な特徴は、以下のようにまとめることができます。

  • トークン(暗号通貨)名称:Nishi Awakura Coin(NAC)
  • プラットフォーム:イーサリアムベース
  • 企業によるICOではなく、市町村によるICOである
  • トークン発行の目的は「資金調達」
  • 集めた資金は、大学・研究機関、企業、役所PJなどに利用され、ローカルベンチャーの創造や育成に役立てられる
  • トークンの保有者は、ローカルベンチャー企業への「投票権」を得られる。そのため、間接的に地域づくりに参加できる
  • トークンの保有者は、ローカルベンチャーのサービスが受けられる

投資家にとって保有するメリットはあるのか?

上述の西粟倉村のトークンNishi Awakura Coin(NAC)を保有することで、どのようなメリットがあるのかについても考えてみましょう。西粟倉村はICOについて、以下のように画像で説明しています。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000034782.html

2018年6月14日時点で、このICOについて明らかとなっている情報はそれほど多くありません。

しかし、上図や、西粟倉村の公式サイトなどの情報から「西粟倉村ローカルベンチャー企業の株式」のような性質があるかもしれません。

Nishi Awakura Coin(NAC)を保有することで、企業に対しての投票権を得る…。

似た性質は、株式にも見られます。(株式は、保有数の分だけ株主総会での投票権が得られます)

ただし、Nishi Awakura Coin(NAC)を保有することで得られる投資家にとっての「権利」は、株式とは異なってくるでしょう。

このあたりの詳細については、これから発表を待つほかありませんね。

西粟倉村がトークンを発行する狙い「企業への先行投資」

上述しましたが、西粟倉村の人口は約1500。

大きな経済圏ではありません。

こうした小さな地方は、中央(国)からの資金補助や、村民の税収が財源となっています。

しかし、地方の税収を増加させたり、新たな雇用を生み出すためには、それを生み出せるだけの企業が必要です。

そうした企業へと先行投資を行い、村全体を活性化させる。

これが地方創生ICOの狙いとなりますね。

地方は、そのキッカケをつかみにくいものですが、このICOが起爆剤となるかもしれません。

西粟倉村が地方創生ICOの成功例を1つ作れるかどうかで、今後の国内のICOの状況も変わってくるはずです。

ぜひ、この小さな村から1つの成功例を期待しましょう!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す