値上がりするプラットフォーム系暗号通貨はどれ?ここを見るべし!

 

こんにちは、阿部です。

 

数年前まで、暗号通貨といえばビットコインのことを指すのだという雰囲気すらありましたが、今ではアルトコインの時価総額も非常に大きく、成長は目覚ましいものがあります。

 

なかでも、「プラットフォーム系暗号通貨」の伸びしろが大きく、投資家としても注目に値します。

Reddit社のAlexis Ohanian氏は、2018年内にイーサリアムがビットコインの規模を上回ると予測しています。

この予測が的中するのかどうかは誰にもわかりませんが、上記のような具体的な価格予測を持つことは大切です。

 

今回は、「どのプラットフォーム系暗号通貨が値上がりするのか」という誰もが気になる問題について、その予測の考え方をご紹介したいと思います。

 

プラットフォーム系暗号通貨とは

 

プラットフォーム系暗号通貨とは、

【自身(親)のブロックチェーンを利用してトークン(子)を発行したり、ブロックチェーン上でアプリケーションを動かしたり】

することが可能な暗号通貨です。

 

シンプルな機能のみを有する一般的な暗号通貨では(ビットコインなど)、トークンを発行したり、アプリケーションを動かしたりする機能はありません。

そうした暗号通貨は、純粋なコインのやりとりに特化しているのです。

 

プラットフォーム系の暗号通貨は、暗号通貨の進化系であるともとらえることができるため、「暗号通貨2.0」「ブロックチェーン2.0」などとも呼ばれています。

 

代表的なプラットフォーム系の暗号通貨の例

 

プラットフォーム系暗号通貨には、いくつかの種類が存在します。

  • Ethereum(イーサリアム/ETH)
  • Ethereum Classic(イーサリアムクラシック/ETC)
  • NEM(ネム/XEM)
  • NEO(ネオ/NEO)
  • Waves(ウェーブス/WAVES)
  • Lisk(リスク/LSK)
  • Byteball(バイトボール/GBYTE)

このため、投資する際は「どのプラットフォーム系暗号通貨が伸びていくのか」の予測が欠かせません。

 

プラットフォーム系暗号通貨であるイーサリアムの成功例があるため、これから同様の類似した暗号通貨は増加していくことが考えられます。

つまり、似ている暗号通貨同士だからこそ、競争が激しくなっていくのですね。

 

通貨そのものよりも、「参加者」を見よう

 

どのプラットフォーム系暗号通貨が値上がりするのか?の予測方法について個人的な見解をご紹介します。

 

多くの投資家は、「その暗号通貨にどのような機能があるのか」「その暗号通貨は優れているのか」という点に注目しがちです。

これはとても利にかなっていることで、暗号通貨の機能面が弱かったり、セキュリティー面に懸念があったりしては、その暗号通貨は成功できないでしょう。

 

とはいえ個人的には、これだけではプラットフォーム系暗号通貨の値上がりを予測することはできないとも考えています。

 

優秀な開発者がどのプラットフォームに流れている?

プラットフォーム系暗号通貨の値上がりは、そのプラットフォームでどれだけ魅力的なサービス(ICOや、アプリケーションなど)があるのかにかかっています。

 

たとえば検索エンジンのGoogleはとても魅力的なサービスで、多くの方が利用しています。

その理由は、「情報」を探すためですよね。

魅力的なWEBサイトや、魅力的な書き込みをしてくれる人があって、初めてGoogleというサービスが魅力的なものとなります。

 

プラットフォーム系暗号通貨で、この「情報」に該当するのが、魅力的なICOやアプリケーションとなります。

プラットフォーム系暗号通貨を利用してアプリケーションを作成しようとしている開発者や、企業などが、どのプラットフォーム系暗号通貨を選ぶ傾向にあるのか、というトレンドを意識することが大切です。

 

簡単に言えば、優秀なサービスがイーサリアムに流れていればイーサリアムが値上がりしやすいし、ネムに流れていればネムが上昇しやすいということになるでしょう。

(今のところ、そういった面ではイーサリアムがリードしているといえます)

 

このように考えてみると、プラットフォーム系暗号通貨そのものはあくまで土台に過ぎないことがわかります。

投資家は暗号通貨そのもののスペックの部分に注目しがちですが、これから暗号通貨にどのようなサービスが乗っていくのかという視点を持つことが大切です。

 

プラットフォーム系暗号通貨を見る際は、このことをぜひ意識してみてください!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です