独自の承認アルゴリズムで信頼性確保。DApps開発プラットフォーム「POA Network(POA)」

 

 

ビットコインを始めとして今日は全体的に好調です。

G20が何事もなく閉幕してから緊張の糸が解けたのかもしれません。

今日紹介するPOA Network(POA)は、ゲーム開発に取り組むDopeRaiderが

POA Networkの利用を決めたことを受けて価格が上昇しています。

使ってもらうほどに価値を増すDApps系プロジェクトの1つです。

  

承認者を決めておく独自の承認アルゴリズム

POA Networkは、ブロックチェーンを利用した管理者を必要としないアプリ(DApps)を開発できる土台となるものです。

この辺りは、EthereumやNEOなどと目的は変わりません。

Ethereumがベースになっており、スマートコントラクトの仕組みを持っているのも同じです。(※スマートコントラクト・・・数字だけではなく様々な契約をブロックチェーン上に記録・公開できる技術)

では、Ethereumと何が違うのかと言いますと、独自の承認アルゴリズムを採用していることです。

承認アルゴリズムとは、取引された結果を承認する方法のことで、この承認作業をしてくれた人に報酬が与えられる仕組みになっています。

ただ、これまで採用されてきた承認アルゴリズムはいくつか問題がありました。

Bitcoinが採用するPoW(Proof of Work)は、Work(一番頑張ってくれた)人に報酬が与えられる仕組み。

EthereumはPoS(Proof of Stake)で、Stake(多くのコインを所有する)人に報酬が与えられる仕組みです。 

これら2つの共通点は、頑張ってくれれば、所有してくれれば、誰でも承認できることです。

極端に言えば、素性の知れない詐欺師でも報酬がもらえる仕組みということです。

実際、詐欺師ではないにしろ、一部の実業家や投資家が報酬を独占している背景もあり、大きな課題になっていました。

そこでPoAは、Proof of Authorityという新しい承認アルゴリズムを導入しています。

Authorityは「権限」という意味で、「Validater(バリデーター)」と呼ばれる人たちに取引承認を行う権限を持たせています。

あらかじめ承認者を決めてしまうわけです。

しかも、このValidaterは名前や住所、犯罪履歴がないかまで調べられ、プロフィールに掲載されるようになっています。

それほどに信頼できる人だけに取引承認を任せる仕組みになっているのです。

身元を明らかにすることで、承認者はより誠意を持って作業に取り組むようになりますし、身元の公開を嫌がるような人はやましいことをしている人ですから自然に離れていきます。

身元を公開する仕組みが悪い人を排除する抑止力にもなっており、結果高いセキュリティを確保できます。

高いセキュリティに加えて、ブロック生成時間はEthereumの3倍早いのでEthereumよりも早くて安心の

プラットフォームになっているということです。

  

アプリが増えるほど価値も上がる!

POA Networkなどの開発系プラットフォームは多くのアプリが開発され、実社会に普及していくに連れて価値を増していくものです。

特にPOA Networkは、信頼性の高さが持ち味ですから個人証明などの証明系アプリと相性が良いでしょう。

POA Networkを通じて様々なアプリが世に出ていけば、それだけ僕たちの生活が便利で豊かになっていきます。 

これからどんなアプリがリリースされていくか、長い目で注目していきたいですね。

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です