2020年期待の金融系プロジェクト!高い安全性を誇る取引基盤「QASH(QASH)」

こんにちは、阿部です。 

 

 

今日はQASH(QASH)が好調ですね。

 

ニュースサイト

「INVEST IN Blockchain」で

2020年の時価総額予測ランキング

10位にランクインしたことが

好材料となりました。

 

非常に期待されている

プロジェクトではあるものの、

 

他にランクインした

EthereumやEOS、Rippleなどに比べると

知名度は正直高くありません。

 

ですが、その分価格上昇の余地が

あるということですから、

ぜひ注目してください。

  

  

法定通貨も暗号通貨も使いやすく!

 

 

QASHは、QUOINE社が

立ち上げたプロジェクトで、

誰でも簡単にに金融サービスを受けられる

プラットフォームの構築を目指しています。

 

日本だとそう感じないかもしれませんが、

海外では暗号通貨を含めて、

一般の人が金融に手を出すのは

中々難しいことなのです。

  

法定通貨での国境を超えたやり取りは

手間も手数料もかかり手が出しにくいですし、

 

国内で使うにしても

不況や政治不信などがあれば、

将来のことを考えたり、

通貨価値が下がったりで

なかなか使ってくれなくなることもあります。

 

一方で、暗号通貨は国の壁はないものの、

取引所を複数開設する点は同じですし、

セキュリティ面の不安もあります。

 

また、マイナーな国の通貨だと

そもそも暗号通貨を購入できないことも。

(そのような場合はドルやユーロに変えるが、

手数料や手間は大きくなる)

 

さらにPoWやPoSなどの

承認アルゴリズムの性質上、

長い目で見ると流動性に欠けており、

 

「暗号通貨を手にして、

それを様々な用途に活用すること」

という通貨らしい使われ方は

まだまだ実現されていない部分が多いのです。

 

お金は貯めておくのではなく

使ってこそ価値があるものですし、

使われない通貨は利用価値が下がり、

プロジェクトにもダメージになります。

 

こうした問題があり、

法定通貨も暗号通貨も

流れが悪くなっている状態なのです。

 

そこで、様々な法定通貨や暗号通貨を

もっと気軽に便利に

使ってもらえるようにしようと

QASHは解決に乗り出しました。

 

 

たとえば法定通貨の場合、

 

海外の金融商品をドル建てで買おうとするときは

1.海外の取引所・口座を開設

2.日本円をドルに両替

3.ドルで商品を買う

という3ステップが必要になります。

 

国内や海外に口座を作るのが

いちいち手間ですし、

手数料も高く付きます。

 

QASHは通貨の間に入って

取引を中継することで

こうした手間や手数料を

抑えようとしているのです。

 

QASHを持っていれば

海外口座をいちいち開設する必要もなくなり、

自国通貨で取引できるようになります。

 

また、暗号通貨と暗号通貨、

法定通貨と暗号通貨の間も

橋渡しを担っていくことで

様々な通貨を使いやすくなるようにしています。

 

暗号通貨間の橋渡しをしようとする

金融系プロジェクトはいくつかありますが

法定通貨為替取引市場も巻き込もうとしているのは

QASHの特徴的なところです。

    

 

信頼性バツグン!金融庁認可のプロジェクト

 

 

そして、QASHの

もう1つの魅力は、守りの堅さです。

 

これまでの4年で

不正出金ゼロという

高いセキュリティを持っています。

 

また、金融庁の認可が降りている

プロジェクトであることも強みです。

 

コインチェック事件などを受けて

暗号通貨は、取引スピードだけではなく

安全性が求められるようになっています。

 

これからのニーズに適した通貨であるQASHが

どこまで行けるか期待しましょう。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す