インチキレビューとはオサラバ!「Revain(R)」の猛追

こんにちは、阿部です。
 
「Revain(R)」の勢いが止まりません。
3週間ほどで約7倍になっています。
 
香港の大手取引所「KuCoin」で
Revainコンテストが開催されていたことと、
最新のプロジェクトの詳細の発表があったことが
大きな上昇の後押しになっていると考えられます。
 
「Revain(R)」のコンセプトは
『質の悪い口コミを排除する!』
というニッチで個性的なものです。
 
日本で有名な口コミサイトといえば
食べログやAmazonレビューですが
そこにある口コミは必ずしも正しいものとは限りません。
 
マーケティングとして
極端に褒めちぎるようなレビューがあったり
逆に故意に何かを非難するようなレビューもあったりします。
口コミや総合評価の5つ星が当てにならない状態なわけです。
 
このレビューの内容によって
顧客、販売者双方とも影響を受けますから
非常に厄介な問題でした。
 
 
そんな現状にメスを入れようとしているのが
「Revain(R)」です。
 
レビューの正当性を上げるために
AIと人間の目で投稿をチェックし
ブロックチェーン技術で管理して
そのレビューが改ざん消去されないようにします。
 
そして、
質の高いレビューを投稿してくれた人に
報酬を与えることで
「インチキだらけ」の状況を
改善しようとしているのです。
 
『口コミサイトにイノベーションをもたらす』
というユニークなコンセプト自体が
現在の注目度を生み出しているのかもしれません。
  
そして、
「Revain(R)」が開催した
「コンテスト」というのは
マーケティングの一環です。
 
 
プロジェクトの内容やロゴデザインなどを
ユーザーに募集するものが多く
コンペのようなイベントです。
 
日本で有名なのは
日本発の暗号通貨「BitZeny」が行っているコンテストです。
現在も開催中で、公式ロゴやBGM、ムービーをかけて
多くのクリエイターが奮闘していますね。
 
 
コンテストを開催することで
世界中の人に知ってもらえる
機会を得ることができます。
 
宣伝の一環でもあるということです。
 
また、コンテストという形式で
利用者側のアイデアを募集することで
プロジェクトがより効果的に
発展できる可能性もあります。
 
プロジェクトチームで浮かばなかったことを
発見できるかもしれない。
という期待もこもっています。
 
そして、プロジェクトのチームだけで
進めるのではなく
利用者側も積極的に参加してもらい
 
「全員でプロジェクト全体を盛り上げていこう!」
 
とする動きでもあります。
 
プロジェクトに参加したら愛着がわきますし
長い目で注目したくなるものです。
 
『本当の顧客の意見を集めるプラットフォーム』
を目指している
「Revain(R)」のコンセプトに合わせた
キャンペーンだったということですね。
 
 
阿部悠人
 
 
 
 
 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です