リップル社CEO「10年後、暗号通貨は1%まで減少する」と予測!

こんにちは、阿部です。

暗号通貨は2018年現在、すでに数え切れないほどの種類が存在しています。

CoinMarketCapに掲載されているコインだけで1500種類以上もあります。

この状況についてリップル社CEOであるガーリングハウス氏は、将来的に生き残る暗号通貨について「1%(約15種)ほどに過ぎない」と予測していることを明らかとしました。

本当にこうした状況となることがあり得るのでしょうか?

ガーリングハウス氏「暗号通貨は1%まで減少する」

暗号通貨XRPの企業として知られるリップル社。

そのCEOであるガーリングハウス氏は、将来の暗号通貨市場の勢力図について次のように予測しています。

  • 10年後に存在している暗号通貨は、現在あるコイン1500種類の1%ほど。つまり15種類ほどとなる

ちなみに、同CEOは以前に

「XRP(リップル)とBitcoin(ビットコイン)の価格の間には高い相関性があります。(中略)現在はまだ時期が早いですが、時間が経つにつれて、その違いを反映した合理的な市場や動向が見られるようになるでしょう」

と発言したことでも知られます。

つまり、暗号通貨市場が「ビットコイン価格に影響されトレンドを引っ張られる現象はいずれ終了する」との見解ですね。

暗号通貨はこれから「淘汰」され少なくなる?

上述のガーリングハウス氏の発言のとおり、本当に暗号通貨は淘汰され、ほとんどの暗号通貨は消え去ってしまうのでしょうか?

消えることはないが、価値が集中する可能性はある

僕の個人的な見解としては「99%の暗号通貨が消え去る」ということはありませんが、価値が集中する可能性があると考えています。

現在の暗号通貨、もしくはこれから誕生する暗号通貨のいずれかが価値をどんどん伸ばしていき、それに取り残されるコインが出てくるようになるでしょう。

そのため、伸びる暗号通貨をしっかりと見極めておくことが大切となりますね。

暗号通貨はまだまだ「黎明期」。勢力図は変化する

上述のリップル社のガーリングハウス氏CEOのような発言が出てくるのは、暗号通貨業界がまだまだ黎明期だからということが背景にあるでしょう。

これから市場が発展していくと現在の勢力図は変わったものとなる、ということを表しています。

黎明期には多くのコインが誕生する

暗号通貨業界は現在、まだまだ成熟しているとはいえません。

黎明期であり、これからさらに伸び続ける市場です。

暗号通貨業界だけではなく多くの分野・業界で見られる「ある現象」があります。

それは、黎明期から成熟期に移行するにつれて

  • 市場全体の時価総額が増えていく
  • ただし、平均的に成長するのではなく、一部が爆発的に価値を伸ばす

ということです。

たとえば「自動車メーカー」も以前はかなりの数が存在していました。

しかし今は数えるほどになっていますね。

暗号通貨も現在の中でより優れた暗号通貨が価値を伸ばすことになるでしょう。(もちろん、短期的・中期的には、10倍・100倍となるコインはまだまだ数え切れないほど出現するでしょう!)

王道のコインに注目しつつも、多くのコインに目を向けよう

それでは、これからの暗号通貨業界でより多くのリターンを得るためにはどうすればよいのでしょうか?1つは、時価総額の大きい王道のコインに注目すること。

そしてそれと同時に、現在は時価総額が少ないものの将来的に伸びる暗号通貨やトークンを見つけ出すことが重要です。

もちろん、そうしたマイナーコインのなかから、成長する暗号通貨を見つけ出すことはかなり大変です。

リサーチにも手間がかかります

僕は、投資家としての経験を生かして

などを行っていますので、そちらも参考にしていただければと思います。

今回は以上となります!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す