仮想通貨トレード|三尊天井・逆三尊とは?見極め方・トレード方法について解説!

こんにちは、阿部悠人です。

今回は、三尊天井・逆三尊について解説していきます。

三尊天井・逆三尊とは?

三尊天井とは3つの山の様な形を描くチャートパターンです。

対して逆三尊はその逆で3つの谷を描くチャートパターンのことを言います。

どちらもネックラインを越えてきたタイミングで大きく上昇/下落をしやすい性質があります。

三尊天井・逆三尊が現れた時はトレンドが終わる可能性を示唆しています。

高値圏で三尊天井が現れれば上昇トレンドが終了し、下落トレンドへ移り変わる可能性が高いと言う事です。

逆に安値圏で逆三尊が現れた場合は下落トレンドが終わり、ここから大きく上昇していくサインとなります。

このチャートパターンは頻繁に現れるので是非押さえておきましょう。

 

三尊天井の種類

三尊天井にも種類があります。

大きく分けると「ネックラインが右肩上がり」「ネックラインが水平」「ネックラインが右肩下がり」の3種類です。

ネックラインが右肩上がりになるほど下落力が弱く、ネックラインが右肩下がりになるほど下落力が強くなるといった違いがあります。

特にネックラインが右肩上がりの場合、ラインに沿う動きをしてラインを抜けてこずにそのまま上昇していってしまいダマシになってしまう事が多々あります。

なので三尊天井を形成しそうなときは、必ずネックラインの角度に注目するようにしてください。

そうすればより高い精度で下落を見極めることが出来ます。

逆三尊の種類

逆三尊にもそれぞれネックラインの向きによる違いがあります。

逆三尊はネックラインが右肩下がりになるほど上昇力が弱く、右肩上がりほど上昇力が強くなるといった性質があります。

2つ目の山を作った段階で前回の山の高さを更新してきたと言う事は、それだけ上昇力を持っているという事なので、ネックラインが右肩上がりの逆三尊ほど上昇力が強いというわけです。

こちらも覚えておけばより有利な位置でエントリーをすることが可能になります。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

三尊天井・逆三尊は頻繁にチャートに現れるとても重要なシグナルです。

今回お伝えした内容を踏まえてチャートに向き合うとより良い結果が望めるはずです。

ぜひ覚えておいてください。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す