SBIが暗号通貨分野で大暴れ?!500億円ファンド計画など

 

こんにちは、阿部です。

 

SBIホールディングスが公表した資料により、

SBIは今後さらに暗号通貨業界にスポットライトを当て、

事業を加速していくことが示されました。

 

そこで今回の記事では、

SBIの事業のなかで暗号通貨市場への

影響が大きいと考えられる事業を

いくつかピックアップしてご紹介します。

 

暗号通貨市場において、

もはやSBIの存在感は小さくないですから、

投資家としてSBIの動向は

しっかりと追っていきたいところです。

 

これを読めば、

SBIの最近のイメージがつかめてきますよ!

 

暗号通貨&ブロックチェーン分野に500億円のファンド

 

SBIホールディングスは今年1月、

これから成長すると見られる

暗号通貨&ブロックチェーン分野へ

投資を行うためのファンド、

「A&Bファンド」を設立しています。

 

その規模は、最終的に

500億円まで拡大される予定です。

 

出資するのは、国内や海外の大手金融機関や銀行など。

これらの潤沢な資金源で、

暗号通貨&ブロックチェーンの

ベンチャー企業の開発をサポートします。

 

500億円規模で暗号通貨分野に

狙いを定めたファンドは他にはなく、

SBIのリリースする「A&Bファンド」が国内最大となります。

 

A&Bファンドの滑り出しは良好

 

僕が個人的に注目しているのは、

A&Bファンドそのものの存在に加え、

A&Bファンドへ出資することを希望する

金融機関や企業や銀行などが次々に手を上げている

という事実です。

 

A&Bファンドはスタートから

わずか2ヶ月で200億円もの出資を

集めることに成功しました。

 

このことは、

暗号通貨やブロックチェーン分野が明るいと

多くの金融企業が分析している

ことを表しているとはいえないでしょうか。

 

My 仮想通貨(情報アプリ)のリリース

 

続いて、まだまだ知らない人も多いであろう、

SBIがリリースした

暗号通貨情報アプリをご紹介します。

 

SBIの「My 仮想通貨」

というスマートフォンアプリは、

SBIの傘下モーニングスターからリリースされた

暗号通貨を総合的にサポートするアプリです。

 

1つのアプリから多くの情報を

日本語でチェックすることができます。

たとえば、以下のような情報が挙げられます

  • 1600種類以上の暗号通貨のリアルタイム価格
  • 国内や海外のICO予定表や、ICOの独自「格付け」情報
  • その他、暗号通貨関連の国際主要ニュース

 

これ一本で、投資家のニーズにすべて

応えられるようなアプリを意識していますね。

 

SBIのことですから、

まだまだこれから改善され、

さらに欠かせないアプリに

成長する可能性もあるでしょう。

 

ダウンロードは以下から行うことができます。

【My 仮想通貨】iOSのダウンロードはこちら

【My 仮想通貨】Androidのダウンロードはこちら

 

SBI Cryptoが本格的にマイニング参入

 

目を離せないSBIの事業のもう1つは、

マイニング事業です。

 

マイニング拠点である「SBI Crypto」を

SBIは世界3ヶ所で稼働させる予定で、

マイニングでも収益を狙います

 

SBIはとくに

ビットコインキャッシュ(BCH)

のマイニングに注力する予定で、

 

BCHのトータルマイニングシェアの

3割を獲得することが目標です

(すでに数%のシェアを獲得)

 

もともと、SBIは

ビットコインキャッシュの将来性を高く評価する

“BCH推し”な企業なのですね。

 

SBI北尾社長も

とくに僕は、ビットコイン・キャッシュに力を入れたい。ビットコインは83%、84%、マイニング(採掘)され尽くしている。決済通貨としてもしんどい。値段も高くなりすぎている。ビットコイン・キャッシュは決済通貨として、リップルは送金通貨としていけると思う。匿名通貨は一切やらない」

と発言していることからもうかがえますね。

 

今回は、最近のSBIグループや、

SBIバーチャル・カレンシーの動向を知る上で、

参考になりそうなものをご紹介しました。

 

SBIは最近、暗号通貨分野へ

かなりの企業リソースを

割いています

 

こうした積極姿勢が

暗号通貨の普及を加速させ、

最終的には暗号通貨市場の

値上がりにも繋がっていくはずです

 

これからも、SBIグループの

活躍に期待していきましょう!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です