SBIが2019年にICO実施予定「模範的なICOを作っていく」

こんにちは、阿部です。

近年、ICO関連で「詐欺」などの被害を耳にしますが、

ICOが健全な方向へ動いていくことを

予感させるニュースもあります。

 

2018年1月30日、SBIホールディングスが

来年度中の自社トークンICOの実施を発表しました。

 

SBIは健全な暗号通貨・ICOの運用に定評があり、

業界のイメージアップのためにも

ぜひ頑張っていただきたい企業の1つです。

 

今回はこのニュースをきっかけとしつつ、

ICO業界の進む方向について、

個人的な見解を交えつつご紹介したいと思います。

 

SBIが新たにICO 来年度実施の見込み

 

SBIホールディングスは

2018年1月30日に実施された決算説明会で、

関連会社SBIクリプトカレンシーホールディングスを通じて

ICOを実施する旨を公表しました。

なお、実施は来年度(2019年)中の予定です。

 

SBIホールディングスは、

住信SBIネット銀行、SBI生命保険、SBI損害保険、SBIカード、SBIネット証券

などで知られる、

金融関連において絶大な存在感を持つ企業。

また、東証一部上場企業でもあります。

 

SBI社長北尾氏「模範的なICOを作っていく」

 

SBIクリプトカレンシーホールディングスが

どのようなICOを実施するのかの詳細については、

まだ明らかにされていません。

追加の情報を待つ必要があるでしょう。

 

個人的に今回のニュースに注目している理由は、

ICOのイメージの悪さを改善してくれるのではないか

との期待があるからです。

 

お金のあり方を大きく変えていく健全なICOが多くある中、

持つ縛りのない自由なシステムを

逆手に取るような詐欺も横行しています。

 

国によってはこれらを問題視し、

ICO自体を規制するケースもありますね。

 

そんな中、

コインチェックの資金流出事件について厳しい指摘を投げかけるなど

健全な暗号通貨のあり方を呼びかけるSBIが、ICOを実施します。

個人的には、

少しでもICOのイメージがよくなる流れが生まれることを

期待したいと思っています。

 

ICOの健全化は少しずつ前進している

 

ICO関連の詐欺を減らし、

投資家が安全にICOへ参加できるような仕組みは

実は少しずつ整いつつあります。

 

規制しすぎると面白いICOが出なくなってしまい、

野放しだと危険だということで、

難しいかじ取りが迫られるこの分野。

そんな中、モーニングスターでは

暗号通貨やICOの格付け事業を開始。

 

投資家は

モーニングスターのいわば「お墨付き」を確認してから、

ICOに参加することができるわけですね。

そういった、

投資家が投資しやすくなるサービスも整ってきています。

 

SBIはすでに2種類のトークンを公表

 

模範的なICOを作っていく」との社長の言葉どおり、

暗号通貨業界の健全化促進に

一役買うことを期待されるSBI。

 

実は同社、

すでに上述の発表とは別に

2種類のトークンを発表しています。

いずれも、2018年にICOを実施予定です。

  • Service-backed token
  • Asset-backed token

これら2つのICOが成功するかにより、

1月30日に発表されたICOの結果も

変わってくるかもしれませんね。

 

ICOは初心者には分かりにくい

 

ICOの最大の問題点は、

とにかく「分かりにくい」ことに尽きるでしょう。

 

そのICOが投資に値するかどうかは、

発行体が公表する

ホワイトペーパー

という資料を熟読して決めることになりますが、

そのほとんどが英語で記載されています。

 

また、ICOの多くは最先端の思想や、

未来のニーズに応えることを前提に開発されているため、

英語が読めたとしても

その将来性を判断することは容易ではありません。

 

時代の進歩に合わせて初心者でもICOを理解できるような

サービスが発展してくる可能性は高いと思いますが、

今はまだその状態にあるとはいえないでしょう。

 

今回は、SBIによる自社トークンのICO実施のニュースとともに、

それに対する個人的な見解をご紹介しました。

 

ただ今、阿部悠人LINEアカウントでは、

暗号通貨情報のサポートなどをおこなっております。

ご興味のある方は、ぜひ友達登録してみてください!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です