暗号通貨の値動きを「読む!」—年末売り・確定申告売りとは?

 

こんにちは、阿部です。

 

暗号通貨投資で利益を出すためには、

安く買って高く売る」というサイクルを

安定して繰り返すこと。これが大切となります。

 

このために重要となるのは、

他の投資家がいつ買って、いつ売っているのか

をおおざっぱでもよいので把握することです。

 

なぜなら、他の投資家が売っているときに値下がりし、

買っているときには値上がりするのが相場だからです。

 

こうしたサイクルには、臨時で発生するものもあれば、

1年間の特定の時期に発生するものもあります。

代表的なのが「年末の売り」「確定申告の売り」です。

どのようなものなのか、ご紹介したいと思います!

 

投資のコツ=傾向をつかむ

 

投資で安定した利益を出せる投資家の特徴として、

傾向をつかむのがうまい」ということがあります。

僕は個人的に、投資のテクニックの大半は

「傾向をうまくつかむこと」にあると考えています。

 

なぜなら、もし傾向(パターン)がなければ

今後の価格を予測することはかなり困難だからです。

  • 移動平均線が上向きのときに買う
  • ゴールデンクロス・デッドクロス
  • SegWit導入後の値上がりを狙う

これらはすべて傾向(パターン)ですよね。

過去に同じようなパターンがあったからこそ、

次もそうなる(成功する)可能性が高いと予測できるのです。

 

これらは100%常に正しいとは限りませんが、

投資の回数を繰り返すことで

トータルで利益を狙っていくのが王道の考え方となります。

 

暗号通貨の「年末売り」とは?

 

年末の売りとは、

確定申告の関係で12月に増加する売り注文のことです。

税金の仕組みとして(アメリカも同様です)、

12月までに売却し、利益を確定した部分について所得税を計算するため、

多くの投資家は12月頃に売ることが多いのです。

 

これによって、暗号通貨市場全体において

価格が下落する方向に一定の力が加わることになります。

 

価格が下落する」ではなく、「力が加わる」と述べたのは、

大きな上昇トレンドや好材料が発生した際には

そのままどんどん値上がりしていく可能性もあるからです。

(その場合でも、下落方向に

力は加わっている」ので計算に入れる必要はありますね)

 

3月頃の「確定申告売り」とは?

 

こちらも確定申告に関する売却サイクルとなります。

確定申告は、1月1日~12月31日の1年間についての

所得が対象となりますが、

税金を実際に支払うのはその数ヶ月後となります。

 

そこで、税金を支払うための現金を作り出すため、

多額の暗号通貨が市場で売られることになります。

これが、「確定申告売り」です。

年末売り」と同じく、

相場は下落方向に力が加わることになります。

 

日本における2017年度の確定申告の期限は

2018年3月15日となっていますが、

アメリカなどの暗号通貨投資が盛んな国についても

考慮する必要があります。

 

たとえば、アメリカの確定申告の「期限」は

日本より1ヶ月ほど余裕があり、4月の半ばまでです。

すると、(2018年4月現在)そろそろアメリカの

確定申告売り」も終わりが近くなってきているというわけですね。

 

年末売りと合わせて確定申告売りについても、

相場分析の際に考慮していくとよいでしょう。

 

今年の「年末売り」「確定申告売り」は?

 

上図は、2017~2018年の

暗号通貨市場全体の時価総額のチャートです。

 

2018年1~4月にかけて

暗号通貨市場全体が下落トレンドとなっています。

 

その大きな理由は

暗号通貨がいくつかの国で「規制」されるというニュースです。

しかし当然ながら、年末売りや確定申告売りという

売り材料も影響していると考えることができるでしょう。

 

確定申告売りが一段落すれば、

5月移行は暗号通貨市場全体が力を取り戻す可能性もありますね。

 

今回は、暗号通貨投資において参考となるサイクル

年末の売り」「確定申告の売り」をご紹介しました。

 

これまでは暗号通貨の税金は

あいまいにされてきた部分もありましたが、

今後はしっかりと申告する必要があるでしょう。

 

そういう環境ではなおさら、

確定申告関係の売りタイミングを意識していきたいところです。

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です