短期トレーダーになろう!時間足で暗号通貨を数日で売り抜ける方法

こんにちは、阿部です。

今日は短期トレードの方法を解説します。時間足を使ったトレードをご存知でしょうか。いわゆるチャートには5分足、30分足、1時間足、日足、週足などそれぞれの時間の単位で種類が分かれていますが、今回はその中でも4時間単位でのトレード法をお伝えします。

時間足を使いこなすことによって、日足や週足を見ている普通のトレーダーより、はるかに時間を有効活用することができるようになります。言うならば何倍ものエントリーチャンスが生まれるのです。

時間足トレードで、あなたのトレード人生をより豊かなものに変えてみませんか!?

【ビットコインの例 最初は日足の動き】

これはビットコインの例です。ほんとうにきれいに上がっていますね。中央のところがこの前の押し目ですが、ここで取れた人と取れなかった人両方いると思います。ビットコインのように大きく動いている銘柄は日足では少し動きが大きく、うまいポイントで取れればそのままいってくれます。しかし乗り遅れれば、なかなかいいエントリーポイントが見い出せないかもしれません。

たとえば赤丸で乗れればベストで、最初はゆっくりですがそのまま相場が上へ持って行ってくれます。しかし黄色のポイントで乗れば14日―約二週間にわたるもみあいがあって少し下振れもしているところもあるので、見かけほど投資効率はよくないです。

青丸にいたっては一番悪いエントリー箇所で、買いで乗ったあともみ合いのあとで急落しています。直後に急反発していますがここで損切りが必要になる場合もあるので、結果オーライ感は否めないでしょう。

このように日足でのトレードは大きなチャートで見れば取れるように見えますが、見かけほど投資効率がよくありません。1、2週間はもみ合ったり逆の方向に行ったりと、暗号通貨の動きに興味がある人にとっては少し物足りないかもしれませんね。

そこでもうすこし効率よく目先の動きを追うために、時間足を使う方法をお伝えします。

【4時間足で見るビットコインチャート】

これは4時間足ですが、11月上旬にあった60万円付近までの急落の場面です。下値目標やトレンドがはっきり出ているのが分かるのではないでしょうか。急落の直前の上昇トレンドからもみ合いになる変化と、急落したあとそれが再び上昇トレンドに変わる部分に注目してください。

このように細かい部分の動きについては時間足の方がはっきりとわかります。それでいくと今回の90万円台の値段は当面は見送りです。あくまで4時間足による判断ですが、もみ合いから調整する可能性がありますね。もちろん短期的な目先のトレンド予想です。

【一時間足は少し細かい】

さらに一時間足で見てみましょう。このように先程のチャートよりさらに細部まではっきりと動きがわかると思います。赤丸のような陽線を出した部分で買いのエントリーができますが、少し細かすぎる気がしないでもありません。目先数万円の動きをとるにはいいかもしれませんが、しつこく値動きを追う忍耐力と判断力が求められます。

基本的に、1時間足チャートを見ての売買はおすすめしません。暗号通貨の場合、普通のFXと比べてスプレッド、つまり取引所に支払うコストが大きいので、あまり頻繁に売買をすると利益をかなり削られてしまうからです。

短期トレードは数時間~数日くらいを期間として考えてください。

その意味でも短期トレードのために4時間足チャートを使うことをおすすめします。

【数日間のトレードに向いている4時間足】

【ビットコイン 4時間足 再掲】

基本的に4時間足をながめてポイントとなる価格を探したり、トレンドを判断したりします。4時間というのはひとつの単位が長いので足が一日のあいだに6つ出ることになります。ですから、この足が6~24出る期間、つまり1日~4日の周期で短期トレードをするのが一番効率がいいと考えています。

逆に目先の一万円を取りに行く近視眼的なデイトレードは利益が少なくビットコインの暗号通貨のトレードとしてはふさわしくないと考えます。

【トレードの無駄な時間をなくす】

4時間足を使って判断することの一番のメリットは、トレードの無駄な時間がなくなるということです。日足を使ってエントリーしてしばらく持ったままという形ではなく、現在のトレンドが下がっているのか上昇しているのかもみ合いなのかその時点で的確に分かります。そして的確に対応できるのです。

現在のトレンドを常に判断できるということにおいて、とくにビットコインの場合は4時間足チャートによる判断はかなり強力です。あなたのトレードに生かして短期投資を成功させてください。

【まとめ】

★日足はエントリーのタイミングによっては時間がかかるし、しばらく逆方向に行くリスクも存在する。

★より的確に相場に対応したいのなら4時間足を使う。1~4日くらいがトレード期間の目安。

★5分足は時間が短すぎて暗号通貨のトレードには向かない。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す