【18年6月】1日で1BTC/85万円→75万円へ―今後どうなる?

 

こんにちは、阿部です。

 

現在から約1ヶ月前の

2018年5月中旬ごろ、

ビットコインの相場は

1BTC/100万円弱でした。

 

しかし2018年6月12日現在では

1BTC/約75万円ほどまで

下落しています。

大きな下落ですね。

 

さらにいえば

6月10日の相場、1BTC/85万円が、

6月11日に75万円まで

下がってしまったことも

なかなかの下落幅であるといえます。

 

このような状況のなか、

投資家としてはこれを

  • 一時的な下落に過ぎない

と考えるべきなのか

  • まだまだ暴落が続く

と考えるべきなのかで、

今後の方針も大きく異なってきます。

 

暗号通貨投資家は、

ビットコインに対しての長期的な

「基本方針」を持つ必要がある

と僕は考えています。

 

それでは、どのように

「基本方針」を考えればよいのでしょうか?

 

あくまで個人的には、

  • 短期的には下落トレンド継続中
  • 長期的には急騰が期待できる

と考えています。

その理由を詳しくみてみましょう。

 

暴落は毎年のこと?値下がりは「異常事態」ではない

 

暗号通貨市場では、

  • 1ヶ月未満の経験しかない初心者
  • 数年の経験がある上級者

とで、考え方が大きく異なります。

 

具体的には、

1ヶ月未満の経験しかない初心者は、

10%の下落で

この先、どこまで下がるのか?

と、この上なく不安になってしまいます。

 

しかし数年の経験のある上級者は

今回のように

(わずか1日で10%も

相場が下落するようなことがあっても)

またか

としか思わないことがほとんどです。

 

それはなぜなのか?

暗号通貨市場には、

毎年のように暴落があるから」です。

 

暴落に対しての有識者の見解は?

多額のコインを所有する

「有識者」は、

暗号通貨市場における

暴落をどのように

考えているのでしょうか?

 

BinanceのCEOである

Changpeng Zhao氏は

以下のようにツイートしています。

今回のような下落は、毎年のように繰り返し発生しており、特別危惧することではない

「今回のような下落」とは、

2018年6月10~11日にかけて

1BTC/85万円が、1BTC/75万円まで

下がってしまったことについてです。

 

加えて、

価格変動のパターンは、毎年似たような軌跡を辿っている

とも述べています。

 

僕も個人的には

ほとんど同じ感想を持ちます。

 

ただしそうはいっても

暗号通貨を初めてすぐに

10%もの下落に直撃するのは

生きた心地がしないことも

よく理解できますが…。

 

ビットコインのアナリストである

Willy Woo氏も、以下のように発言。

ボラティリティの収束が次なる上昇期間への転換の兆候となるのではないか

短期的には下落トレンドであるものの

長期的な上昇を予測していることで

同氏は知られています。

 

このように主要な有識者は

暗号通貨市場について

強気の姿勢を崩さない

ケースが多いですね。

 

そして実際、これまでも

そうした予測は的中してきました。

 

ロングチャートに見る上昇と下落の繰り返し

 

1日で10%の下落したり、

半年で50%の下落したりすることは

暗号通貨市場にとって

「異常事態」ではない

そのことは、ロングチャート

見れば明らかとなります。

 

これは2011年5~11月にかけて

発生した暴落です。

この下落幅を見れば、

「ビットコインは終わった」

と言いたくなってしまします。

 

しかし当時、ビットコインは

1BTC/1000円の水準でした。

2018年6月現在では

1BTC/75万円であことからも、

暴落に過剰な心配は不要です。

 

また以下は、

2013年末~2014年始めの

ビットコインの下落となります。

こちらも半値以下となっています。

暗号通貨市場においては

暴落は日常茶飯事」と

考えておくしかありませんね。

 

その前提で、許容できるリスクのみ

資金を投じるようにしましょう。

 

下降トレンドはさらに続く?

 

最後に、

下降トレンドは

2018年6月以降も継続するのか

について考えます。

 

こればかりは今後の材料次第なのですが、

テクニカル上、

まだ下落トレンドは脱していません

 

そのため、さらなる下落に備えて

おく必要はあるでしょう。

 

ただし上述のように

長期的(1年以上)では、

上昇すると予測しているため、

そのことも頭に入れておいて

いただければと思います。

 

下落相場は不安になってしまいますが、

ともに乗り越えていきたいところですね!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です