SNSに「非中央集権型」の波!中国SNS「ONO」が17億円集める

こんにちは、阿部です。

Facebook、InstagramそしてTwitterなど、現在はSNSの時代といっても過言ではありません。

SNSでの情報収集は検索エンジンよりも早く、手軽です。

しかし、一方で課題もあります。

それは「質の悪いコンテンツが多い」ということ。

あまり目にしたくないコンテンツがSNSにはあふれかえっています。

しかしそんな状況が、ブロックチェーンで解決されるのではないかと言われています。

非中央集権型(分散型)SNS」の存在です。

非中央集権型SNSは各地で研究されていますが、中国も、初となる非中央集権型SNS「ONO」を発表し、17億円の資金調達を成功させました。

中国の「ONO」とはどのようなSNSなのか

Facebook、Instagram、Twitterなどの既存サービスと比較し、どんなメリットがあるのか

これらについて、考えていきましょう!

中国の非中央集権型SNS「ONO」とは?

非中央集権型SNS「ONO」は、上記のとおりソーシャルネットワークサービスの1つです。

しかしFacebookのような、既存サービス(中央集権型)とくらべて以下のような違いがあります。

  • 質のよいコンテンツ(投稿)をした人は、報酬を受け取れる仕組みになっている
  • ブロックチェーンを利用しているため、個人情報が流出するリスクが限りなく低い

Facebook、Instagram、Twitterといった現在のSNSは、企業が運営していることにより、さまざまな弊害が生じています。

質の悪いコンテンツの多さはもちろん、個人情報流出の問題も深刻です。

2018年3月には、Facebookが、8700万人(!)の個人情報を不正に流出させていたこともわかりました。

こうした問題を解決するとされているのが、中国初の非中央集権型SNS「ONO」です。

  • 民主的で非集中型のソーシャルネットワークを目指す
  • 2018年4月にベータ版を公開済み
  • 2018年6月末にONO国際バージョンを公開予定
  • 質のよいコンテンツ投稿者には「ONOT」トークンを報酬として分配
  • プロジェクトは、ICOを実施せず、17億円の資金調達に成功

ものすごくかみ砕いていえば「質の高いコンテンツばかりで、しかも個人情報流出の懸念がないFacebook、Instagram、Twitterのようなサービスつくってみせますよ!」ということですね。

ブロックチェーンSNSの可能性

非中央集権型SNSはなぜ、このように高い目標をかかげることができるのでしょうか?それはひとえに「ブロックチェーン」のおかげです。

個人情報を取り扱う企業が「営利団体」であることは個人情報が流出する原因の1つです。

Facebookの個人情報流出事件では、Facebookが「営利団体」(つまり、利益を最大の目的とする企業)であるがため、個人情報を不正利用してでもお金を儲けようとするわけです。

そこで、営利団体ではなく、ブロックチェーンにSNSを組み込むことでそうしたデメリットからの脱却が期待できます。

SNSに限らず、「個人情報を低いコストで、高いセキュリティで」保護するためにはブロックチェーンは非常に有効です。

DApps上のSNSも増加中

「ブロックチェーン」と「暗号通貨」は、似ているようで、異なるものです。

ブロックチェーンを利用していても、暗号通貨を利用しているとは限りません。

しかし近年、暗号通貨イーサリアムを使った非中央集権型SNSも増加中

  • Peepeth
  • Numa

などもONOと同じような中央集権型SNSに対する優位点を持っています。

とはいえ、Facebookなどの従来のSNSサービスは、すでに人々の生活に溶け込んでいます

そんな中、ブロックチェーンSNSが、短期間でどこまで食い込んでいけるか。

今後の動向にぜひ注目してまいりましょう!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す