見逃すな!南アフリカでビットコイン(暗号通貨)普及の兆し

 

こんにちは、阿部です。

 

これから暗号通貨投資を

始めようと思っている方は、

もう少し早く

買っておけばよかった…

と後悔されている

のではないでしょうか?

 

しかし僕は個人的に、

「暗号通貨」

「ブロックチェーン」

という分野は

まだ始まってすらいないと

考えています。

 

しかし、これだけでは

よく伝わらないと

思いますので、

具体的な例を挙げてみましょう。

 

日本の暗号通貨の

トレンドは一段落している

雰囲気がありますが、

世界を見渡してみると、

これから盛り上がるであろう

地域が多くあります

 

たとえば

南アフリカ

もぜひ注目したい国の1つです。

  • 国民の暗号通貨への関心が急速に高まっている
  • 暗号通貨の「規制」がゆるく、普及しやすい環境
  • 新たな取引所も設立されている

など、

爆上げのための条件が整っています。

 

今回は、僕が

まだまだ

暗号通貨市場は終わっていない

と考える理由について、

ご紹介してまいります!

 

南アフリカで暗号通貨普及の兆し!

 

最近、南アフリカの国民の間で

ビットコインへの関心が

急速に集まっています

 

日本では、

ビットコイン価格がピーク

だった2017年12月頃

国民の関心もピークでした。

 

しかし南アフリカでは

ビットコイン価格が横ばい

である現在、

暗号通貨への関心が

一気に高まっているのです。

 

それはなぜでしょうか?

  • 法定通貨「ランド(ZAR)」は、先進国の通貨よりも信頼性が低い
  • そのため、自国の通貨に対してビットコインの存在感が大きくうつっている
  • 最近、取引所が設立され取引環境が整いつつある

ということが挙げられます。

 

話がそれますが、

ビットコインが

盛り上がるきっかけを

作り上げた国の1つに

「キプロス」があります

 

キプロスは経済危機により、

国民の信頼を失いました。

そのとき、

キプロス国民の間で

ビットコインに資産を変える

動きが大きくなりました。

 

そのため価格が急騰し

世界的にビットコインが

知られるようになりました

 

南アフリカなどの

自国の通貨の信頼が低い

国は暗号通貨との相性がよいのです。

 

日本円という安定感抜群の通貨

保有している僕たちには

あまりピンと来ないことですが、

重要な知識なので

覚えておきましょう!

 

暗号通貨は「世界共通」なので、どこかで盛り上がればいい

 

暗号通貨の大きな特徴は

世界共通の通貨

であるということです。

 

たとえば日本人に

ビットコインが買われなくても、

世界のどこかで

大量に買われれば

ビットコイン価格は上昇します。

 

日本でビットコインが必要なくとも

海外で必要であれば、

ビットコイン価格は上昇するのです。

 

キプロスの経済危機では

ビットコインが大量に買われ

価格が高騰しましたが、

同じことはきっとこの先も

世界のどこかで

起きることでしょう。

 

日本で投資が冷え込んでも

世界のどこかで盛り上がればいい

のが、ビットコイン投資の

大きな魅力の1つですね。

 

暗号通貨が「世界的に衰退する」可能性も…

 

たしかに

海外を中心に盛り上がっていけば

暗号通貨も値上がりしていく…。

このことは分かります。

 

でも、

「暗号通貨そのものが衰退」したら

やはり無価値になるのでは?

 

このように

考える方もいるでしょう。

 

これはもちろん「その通り」です。

暗号通貨そのものが

価値を認められなくなったら、

日本であれ

南アフリカであれ

価値はなくなってしまうでしょう

 

しかし僕は、

その可能性は限りなく低い

と思っています。

  • 海外はもちろん日本だけでも、「LINE」「楽天」「ビックカメラ」「Yahoo!」「メルカリ」などの大手企業が暗号通貨に参入している
  • 暗号通貨を使った資金調達「ICO」の金額が、年々「爆発的に」上昇している

という揺るぎない事実があります。

 

暗号通貨なんて

使われるわけがない

と価値を否定するのは

簡単なことです。

 

しかし、実際に多くの企業が

暗号通貨の価値を認め、

自社ビジネスに取り入れています。

 

暗号通貨を買える取引所も

世界的に急増しており

その勢いは止められない

ところまで来ている印象です。

 

暗号通貨が本来の

価値を発揮するための

インフラは整いつつあるので、

あとは実用を待つだけ

というところまで来ている

個人的には考えています。

 

南アフリカなどの海外市場に注目してみよう!

 

暗号通貨の取引が盛んに

行われている国は、

実は限られています。

  • 日本
  • アメリカ
  • 韓国

などが主な取引国です。

 

逆にいえば、

これら3つの国以外で

暗号通貨が流行すれば、

上昇トレンドは復活するでしょう。

 

もちろん、

日本やアメリカなどの

市場も拡大する

僕は考えていますが、

それに加えて海外の市場

大きな役割を担う

ことになるはずです。

 

キプロスから火が付いた暗号通貨。

第二のキプロスは

突然やってくるかもしれません。

 

これからの暗号通貨市場にも

引き続き注目しましょう!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です