ステーブルコイン(安定通貨)とは?なぜ価値を一定に保てる?

こんにちは、阿部です。

最近になり「ステーブルコイン」(安定通貨)の言葉をよく耳にするようになりました。

ステーブルコインとは、法定通貨や商品などの安定した価値を保つものとペッグ(相場を連動)した暗号通貨のことです。

簡単にいえば、価値があまり変動しないように設計された暗号通貨ですね。

ステーブルコインの存在は、暗号通貨の脅威となるという見方もあれば、暗号通貨の普及に役立つという考えもあります。

今回は、通常の暗号通貨に加え、なぜステーブルコインというものが存在するのか、などの点について、解説していきます。

ステーブルコイン=安定通貨

ステーブルコインは何とも難解な言葉の響きですが、その本質はとてもシンプル

価値が変動しないように設計された暗号通貨。

それだけのことですね。

ビットコインやイーサリアムなど「暴騰」と「調整」を繰り返す暗号通貨が目に付きます。

そんな暗号通貨が多い中、なぜステーブルコインは値動きを安定させることができているのでしょうか?

「法定通貨」とペッグさせることで値動きを安定

ステーブルコインのもっとも多い例は、政府が発行する米ドルという「法定通貨」と価値を連動(ペッグ)させることで、価値を保つものです。

たとえばUSDTというステーブルコインは価値を米ドルと連動させることで、暗号通貨でありながら米ドルとほとんど同じ価値を保ちます。

この仕組みは、USDTを発行するTether社が、1USDT=1ドルの価値を保証し、実際に自社にUSDTが持ち込まれた際、1ドルとの交換を約束しているからです。

コモディティ(商品)とペッグさせることで値動きを安定

基本的なステーブルコインは法定通貨と連動させるものです。

しかし他の例もあります。

一般的なステーブルコインの範疇からは外れますが、コモディティ(商品)を担保とし価値を連動させるものもあります。

たとえばベネズエラ政府はICOでペトロという暗号通貨を発行しました。

ベネズエラは、ベネズエラの法定通貨とペトロをペッグさせることもできたはずです。

しかしベネズエラは経済的に窮地に立たされており、ベネズエラの法定通貨の価値は下落しきっていました。

そこでベネズエラはペトロを主に自国の原油資産と連動させることにしました

このように、なんらかの形で価値を保つ存在とペッグすればそれはステーブルコインのような働きをすることになります。

ステーブルコインの利用価値とは?

ステーブルコインはなぜ存在しているのでしょうか?またどのような需要があるのでしょうか?ステーブルコインの果たす役割についてご紹介します。

取引所で操作できる「安定通貨」として有益

近年では取引所での暗号通貨売買が盛んとなっています。

そこでは、値動きの激しい暗号通貨と値動きの安定した安定通貨の双方を駆使して売買します。

得た利益を、相場が不安定な暗号通貨で持ち続けることはリスクだからです。

そんなとき、僕たち日本人も、米ドルとペッグしたステーブルコインをよく利用します。

ステーブルコインは法定通貨と同じ価値を持っていますが、それは完全なデジタルであるため暗号通貨と同じような使い勝手を実現しており、非常に便利です。

ステーブルコインが暗号通貨の普及に役立つ理由

ステーブルコインは、暗号通貨になじみがない人々に、暗号通貨を普及させるキッカケになるのではないかと言われています。

なぜなら、現在にみられる値動きの激しいコインは、投資家以外にとっては刺激が強すぎるからです。

暗号通貨を投資ではなく利用目的で保有したい」、「電子マネーのような感覚で使いたい」という暗号通貨のニーズがあります。

ステーブルコインが普及することで、暗号通貨はこうした人たちへのキッカケをつかむことができます

今回は、ステーブルコインの特徴についてご紹介しました。

代表的な例としては、上述のUSDTのほか

  • TrueUSD (TUSD)
  • MakerDAO (DAI)

という存在もあります。

これらのコインが普及することで、暗号通貨全体にもよい影響があると考えられますので、ぜひ注目していきましょう!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す