寝ているだけで報酬が?自由で公平なネット空間をシェア!「Substratum(SUB)」

こんにちは、阿部です。

 

「Substratum(SUB)」が

SubstratumNode v.0.2.0が完成の発表を行い、

32%と大きな上昇を見せていますね。

 

現在はまだベータ版ですが

完成版リリースに近づくにつれて

価値はさらに上がっていきます。

 

(よくわからないコインが次から次へと・・・)

と困惑している人もいると思います。

 

でも、そんな面倒くさがりの人でも

今日のコインは面白みを感じられると思います。

 

なにしろ、サブストラタムは

私たちの”ある願望”を

叶えることを目指しているからです・・・。

 

 

寝ているだけで稼げるしくみ

 

 

『寝ているだけで稼げる〇〇』

というキャッチコピー聞いたことありませんか?

 

この業界に興味を持っている人なら

何度か見覚えがあると思います。

 

たいてい怪しいビジネス塾の

勧誘に飛ばされるんですよね。

 

Substratumが目標とするのは

まさにそこ。

 

『寝ている間に稼ぐ!』です。

 

冗談ではなく、大真面目に

スマホやパソコンを使っていない時間で

収入が得られる仕組みを構築しようとしています。

 

最近だと睡眠時間や質を取り上げる書籍が増え

ベストセラーになっている本もあります。

 

人間は1日の3分の1を睡眠に使いますから

Substratumの構想が実現されれば

3分の1の時間を資産形成の時間に充てられることになります。

 

”経済活動”の概念が揺らいでくるプロジェクトです。

 

 

検閲や規制を受けないインターネット空間

 

 

Substratumは何をするのかというと

利用者がパソコンやスマートフォンを利用していない間、

使っていない容量を提供してもらって、

その対価を利用者に支払います。

 

 

世界では政治的な干渉を受けているせいで

自由にインターネットを使えない国や地域があります。

検閲や規制があって、

アクセスや配信などもできない状況です。

 

Substratumは

ブロックチェーン技術を使って

検閲や規制を受けないインターネット空間を

作り出そうとしています。

 

その自由なインターネット空間を作るために

私たちのパソコンやスマホの空き容量を借りて

使っていこうとしているわけです。

 

空き容量を貸し出すといっても

難しい作業は必要ありません。

 

ChromeやInternet Explorerなどの

ブラウザを使えるパソコンやスマホであれば

SubstratumNetworkを利用できるようになります。

 

そして利用しない時間で

空き容量を提供すれば

SUBトークンを受け取ることができます。

 

 

安全面も万全!世界にシェアするインターネット

 

安全面もしっかり考慮されています。

誰にも干渉されないインターネット空間を作るということは

場合によっては無法地帯になる可能性もあります。

 

そこで、児童ポルノやテロなどの

犯罪行為を示唆する投稿があると

ネットワーク内での投票によって削除されるようになります。

 

もちろん、投票自体を犯罪組織が操作しないように

投票メンバーの滞在時間や投票頻度などを考慮します。

こうして大きな組織や政治的な要因による投票を

最小限に抑えることができます。

 

 

最近は、自動車や自転車、住宅など

シェアサービスが流行っています。

 

「利用していないものを貸し出す」プラットフォームが

発展・拡大しているわけですから

 

この流れがオンライン上でも応用されるのは

当然のこととも言えます。

 

完成版ができたら、

ぜひ使ってみたいですね。

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です