全世界キャッシュレス化を目指して!モバイル決済・送金サービス「Telcoin(TEL)」

こんにちは、阿部です。

ニュースレターの更新で、Telcoin(TEL)が上昇しています。

積極的な情報開示や進捗報告は、開発が進んでいることの証明ですからユーザーにとっては安心でき、投資しやすくなるポイントになります。

公式Twitterなどの更新内容だけでなく、更新頻度までチェックしておくことが重要だということです。

銀行口座を持たなくても決済・送金できるシステム

TELと名前がついている通り、Telcoinは通信業界に関する事業です。

具体的には、モバイル決済や送金サービスなどを提供しようとしています。

Telcoinが通信事業者と提携し、トークンを事業者からユーザーへ配布することで銀行口座を持っていなくても携帯電話だけで簡単に決済・送金ができるようになります。

日本だと成人になると、たいてい銀行口座を持つようになりますが、世界的にみると、銀行口座を持たない人は多くいます。

途上国によっては銀行すらなかったり、戸籍を持っていなかったり、開設に多額の手数料がかかるなど銀行口座を持つことが難しい状況もあります。

そのため、世界人口のおよそ35%、20億人超銀行口座を持っていません。

一方、スマホなどのモバイルの所持率は、なんと約50億人、約65%にまで達しており、銀行口座を持っていない人でもスマホは持っていることが多い状態です。

そのため、モバイルで決済や送金できるシステムが整備されると、より広い顧客層にアプローチできるようになるのです。

ユーザーにとっても、スマホがあればいろんなものが買えるようになるわけですから非常に便利ですし、ビジネスチャンスにもつながりますよね。

また、スマホで決済・送金できるシステムが普及してくると、現金を持ち歩く必要がなくなります。

厳重な金庫に保管する必要もなくなりますし、盗難などの危険も回避できます。いちいち財布を取り出す必要もないので買い物もスムーズにできます。

入出金のデータがネットワーク上で、記録されるようになりますから月々の収支もひと目でわかるようになります。

このようにキャッシュレス化が進むと様々なメリットがあります。

それを促進するため、Telcoinは開発を進めているということです。

どれだけ多くの通信事業者と提携できるかがカギ!

「銀行口座を持たない層へのアプローチ」をテーマにしたプロジェクトはTelcoin以外にもいくつかあります。

日本発だとOmiseGOが似たようなコンセプトで動いています。

通信事業者とどれだけ提携できるかが勝負の決め手になるでしょう。

今年9月までに通信事業者10社と提携するとロードマップに示しており、有言実行となるか?注目です。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す