TetherがUSDTの流通量“以上”の裏付け資産の保有を証明

 

こんにちは、阿部です。

 

暗号通貨業界は

価格に影響する「材料」が

いくつもあり、

リサーチも大変に

なりつつあります。

 

最近だと取引所への

「ハッキング」関連の

悪材料が目立ちます。

 

そんななか、

忘れてはならないのが

Tether(テザー)

の問題です。

 

Tether社が発行するUSDTは

米ドルと価値が連動する

安定通貨です。

 

仕組み上、Tether社には

発行するUSDTと同等か、

もしくはそれ以上の米ドルの保有

求められます。

 

しかし、Tetherは必要分の

米ドルを保有していないのでは?

と疑われていました。

 

このことは、投資家にとって

重要な問題であり、

大きな関心事の1つでした。

 

しかし、ようやくです!

ついにこの問題が一歩前進することに。

 

第三者によるTether社への調査により、

Tetherの口座残高は

USDT発行量を上回っている

ことが判明したのです。

くわしく解説しましょう。

 

Tetherとは?「安定通貨」として多くの取引所で採用

 

Tetherは、安定通貨のUSDTを

発行する会社です。

 

USDTが「安定通信」と呼ばれるのは

1ドル=1USDTのように

固定相場を同社が保証しているからです。

 

通常、暗号通貨は

ボラティリティ(価格変動)が

大きいもの。

しかしUSDTについては、

1USDTを1ドルと交換できることが

約束されていることから、

実際の相場でもほとんど

その相場どおり取引されています

 

USDTは利益確定などで重宝

上述のことを踏まえると、

USDTを保有しても

相場が固定されているため、

「投資」目的での保有は無意味

であることがわかりますね。

 

ではなぜこのような通貨が

存在しているのか?

それは、

ボラティリティの高い暗号通貨へと

投資した後の「利益確定用」、

つまり資産を逃がすための通貨として

使われているからです。

 

取引所の多くがUSDTに依存

こうした安定通貨は

取引所ではなくてはならないもの。

ですから多くの取引所で

USDTが採用されており、

取り扱い通貨の1つとなっています。

 

暗号通貨の中でも、USDTは

ビットコイン、イーサリアムに

次ぐ取引量を誇っており

多くの取引所は

USDTや、それを発行するTether社に

依存しているといえるでしょう。

 

Tetherに疑惑 必要分のドル裏付け資産がない?

 

USDTはTether社の信頼によって

成り立っている暗号通貨です。

その仕組み上、Tetherは必ず

USDTの総発行量“以上”の米ドルを

持ち合わせている必要があります。

 

しかし、さまざまな機関による分析から

Tether社は裏付け資産を持たないまま

USDTを発行しているのではないか?

という疑惑が浮上しました。

 

またTetherは、そうした疑惑について

明確に答えることをしないまま

疑惑から半年以上も新たな

USDTを大量発行してきました。

 

Tether社の口座残高、ついに公開される

 

このような状況を受け

ついにTetherも動き出しました。

 

第三者機関として

Feeh Sporkin & Sullivan LLP

(有名弁護士事務所)

を起用し、

口座残高が十分であることを

証明してみせたのです。

(報告書『透明性の最新情報』)

 

報告書によると、

  • USTDの市場流通総量=$2,538,090,823.52 USDT
  • Tether社の裏付け資産=$2,545,067,236.82 USD

と、わずかに

USDTよりも裏付け資産のほうが

多いということに。

 

つまり、Tetherの疑惑は

晴れたということになります。

 

ただし公式な監査ではないため、証拠としては不十分

 

ただし上述の報告書が

完全に信頼できるものなのかというと

そうではありません。

 

本来、こうした内容を

証明するにあたっては

公認会計事務所による

監査をおこなうのが妥当です。

 

それがもっとも

信頼性の高い「証明」

の方法となります。

 

しかし今回の報告はあくまで

弁護士事務所によるもの。

100%疑惑が晴れたわけではありません

 

しかし、Tether社の疑惑を

軽くする効果は十分にあるので

USDTを利用する投資家にとっても

一定の安心材料となります。

 

TetherのUSDTに限らず

安心して暗号通貨に投資できる

環境が整うのはよいことです。

 

今後も、Tether社には

情報をしっかりと開示し、

透明性を保ってほしいところですね!

今回は以上となります。

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です