USDTは本当に安全なのか?USDTは275億円分を新規発行!

 

こんにちは、阿部です。

 

Tether Limitedの「USDT」が

約2億5千万ドル分(約275億円)新たに発行されたことが、

2018年5月18日わかりました。

 

この暗号通貨は、1USDT=1ドルに交換できることを

発行企業であるTether Limitedが保証することで価値を保っていますが、

これを保証する能力がTether Limitedに本当にあるのか

(つまり経済的な余力があるのか)が一部で疑問視されています

 

これは投資家にとっても重要な問題です。

もし疑問視されていることが万が一にも正しかったなら、

投資家は利益確定時の保管通貨として

USDTを使うべきではないかもしれないからです。

 

今回はこの問題について考えてみましょう!

 

新規発行するも、疑われるTether(USDT)

 

USDTは暗号通貨の1つの種類ですが、

価格変動の大きな通常の暗号通貨とは異なり、

1USDT=1ドルへ交換可能であることを

発行企業であるTether Limitedが保証しているのが特徴です。

 

その性質はUSDTという

名称からもわかりますよね(USD=米ドル)。

 

価格変動がドルと同じになることから、

利益確定の際や、相場大荒れのときの

資金の避難先として重宝されています。

 

USDTは2018年5月18日、新たに約2億5千万ドル

(約275億円)分が発行されたことがわかりました。

これにより時価総額の合計は、

25億ドル(約2800億円)を越えています。

 

つまりTether Limitedは、すべてのUSDTを米ドルに替えられるよう、

25億の米ドルを所有している必要があります

しかし本当にそんな大金を保有しているのか?

この部分が疑われているのですね。

 

USDT発行直後にビットコインが不自然に上昇

 

なぜUSDTの信用力が疑われているのでしょうか?

USDTが新規発行された直後に

ビットコイン価格が上昇していることが、

その理由の1つです。

 

2017年のビットコイン高騰の約50%が、

USDTの新規発行直後であることがわかっています。

 

つまりTether Limitedは

実際にはドルを保有していないにもかかわらず、

USDTを不正に発行し、

それをもとにビットコインを購入しているのではないか?

というシナリオが描けるのです。

 

それが本当だとすると、Tether Limitedは

「何もないところから

ドルに等しい価値を持つUSDTを生み出している」

ことになります。

 

これには証拠はなく、

ちょっと怪しいかも」というレベルから脱してはいませんが、

このような指摘は根強くなされています。

 

USDTを指標としたビットコイン買いもアリ?

記事の内容からは脱線しますが、

USDTが発行されたタイミングでビットコイン買い

というトレードアイデアも相場によっては成り立つでしょう。

 

実際にUSDT発行の直後に、

Tether Limitedによってビットコイン買いが

行われているかは不明です。

 

しかし市場によってそう判断されている以上、

一定の共通認識があるため上昇しやすい状態ではあります。

 

USDTの新規発行のみをシグナルとするのは

リスクが大きいかもしれませんが、

皆さんが信じている指標と組み合わせてみる

よいアイデアになるかもしれませんね。

 

これまでどおりUSDTを使うべきか?

 

上述のように、Tether Limitedは

275億円分のUSDTを新たに発行しました。

 

この状況の中、これまでどおり、

USDTを利益確定や資金の避難先として

利用しても大丈夫でしょうか?

 

まず大前提として、

Tether Limitedは(大企業とはいえ)あくまで中央集権的な存在なので、

「全財産をUSDTにする」といった状況は避けるべきです。

 

これはUSDTに疑わしきところがあるかどうかに限らず、ということです。

一方、リスクを分散できているのであれば、

USDTを過剰に避ける必要もないでしょう

 

なぜなら、USDTは使いようによっては便利な存在だからです。

しかも、USDTに代わりとなりそうな安定通貨は、まだ存在しません。

 

最近、USDTと似た通貨を「Circle」が発表しましたが、

USDT以上にまだまだ未知数の段階です。

 

ですが、こういった代替通貨が誕生し、

今後、安定通貨の選択肢がさらに広がっていくとよいですね。

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です