本物だけが生き残っていく世界へ!商品管理の新技術「VeChain(VEN)」

こんにちは、阿部です。

 

 

今日はVeChainが好調です。

 

韓国の取引所「Bithumb Main」に

上場したことで注目が集まっていますね。

 

VeChainは世界的な自動車メーカー

「BMW」と提携していることでも

話題になっている通貨です。

 

いったいどんなプロジェクトなのか?

詳しくお話していきますね。

   

 

本物と偽物を見分けるブロックチェーン

 

 

VeChainが目をつけたのは「模倣品」。

 

ブロックチェーン技術を応用して

商品が本物かどうかを

判定できるようにするプロジェクトです。

 

中国などのアジア中心に

人気キャラクターや

ブランドの模倣品が

問題になっています。

 

聞いたことがある方、

もしかしたら偽ブランド品を

買わされた方もいるかもしれませんね。

 

偽物が出回れば

消費者は安心して買い物できませんし、

偽物のせいで

本物のブランド価値まで下げられてしまうと

 

今や世界的な問題になっています。

 

そんな、本物偽物問題を解決し、

本物だけが市場に出回るように

VeChainは開発を進めているところです。

 

しくみは単純で

商品にNFCチップという

専用の識別チップを埋め込み、

それをブロックチェーン技術で照合。

 

そうすることで本物と識別できる

商品管理システムを構築しています。

 

ブロックチェーン技術は

もともと改ざんができないシステムですから

これと商品管理を組み合わせることで

商品データの安全性を保つことができるのです。

 

また、追跡機能もついているので、

取引履歴も追うことができ

本物がどこにあるのかを

把握することができます。

 

 

さらに、 

チップを埋め込めないものについても

応用できるよう開発が進められているところです。

 

食品や農業に関しては

IoTとも組み合わせて

温度管理や出荷のタイミングなどを

ブロックチェーンで管理できるようになります。

 

自動車においては、

所有者や走行距離、車検の履歴などを記録することで

自動車のデータをメーカー、

ユーザー共に利用しやすいようにします。

 

 

製品が、原料の段階から消費者に届くまでの過程を

「サプライチェーン」

と呼びますが、

 

VeChainはこれに

ブロックチェーンを組み合わせ

新しい価値を生み出そうとしているのです。

  

 

商品管理の革命

 

 

商品管理が徹底されることは

消費者にとっても大きなメリットになります。

 

本物をすぐに識別できるようになるので、

「騙されて偽物を買ってしまう」

なんてことは無くなるでしょう。

 

食品など保存期間があるものは、

蓄積されたデータを基に

保存状態が改善されるので、

より良いものを安全に

手に入れられるようになります。

 

今よりもっと美味しい食材が

店頭に並ぶようになるかもしれませんから

日常生活でも嬉しい変化があるはず。

 

様々な業界に応用が効く技術ですから、

VeChainがどこまで拡大していくか?

期待したいですね。

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です