なぜ暗号通貨は怖い?ボラティリティが高い=ハイリスクという「誤解」

 

こんにちは、阿部です。

 

暗号通貨投資はハイリスクだ」というイメージはいまだ強くあります。

万人に共有されている「常識」ともいえるかもしれません。

 

しかし、なぜ暗号通貨はハイリスクなのでしょうか?

このことを論理的に説明できる人は、実はあまりいません。

 

暗号通貨のハイリスクさを指摘するとき、

よく持ち出されるのは、ボラティリティの高さです。

 

しかし、本当にボラティリティが高い=ハイリスクなのでしょうか?

暗号通貨なハイリスクさとは何なのか。

改めて考えてみましょう。

 

暗号通貨=ハイリスクという「常識」

 

暗号通貨投資はハイリスクである

ということは常識のように語られています。

いわゆる「大儲けできる可能性もあるが、大損するリスクも高い」というイメージです。

 

 

投資になじみのない方のなかには、暗号通貨投資は、

一歩間違えれば、財産が吹き飛ぶ覚悟を持たなければいけない

かようなイメージを持っている方も、冗談のようですが存在します。

 

暗号通貨=ハイリスクというのは、正しいのかは別として

共通認識のようになっているのですね。

 

高ボラティリティがハイリスクの原因?

 

たしかに暗号通貨投資には、いくつかのリスクが存在します。

たとえば以下のようなものです。

  • ポジションが大きすぎるリスク
  • マイナーコイン投資の不安定さ
  • 未来のことを確実に予測できないリスク

 

しかし、これだけでは

暗号通貨「特有」のリスクを説明しているとはいえません。

 

株式投資やFXトレードにおいても、

投資金額が大きすぎるとリスクが大きくなりますし、

特定の銘柄への投資はハイリスクなのです。

加えて、未来のことを確実に予測することももちろんできません。

 

それでは、暗号通貨投資「特有」のリスクとはどこにあるのか。

細かい部分ではさまざまなポイントが挙げられると思いますが、

最終的には「ボラティリティの高さ」に集約されると僕は考えています。

 

つまり、暗号通貨は平均して価格変動が大きい傾向にあるということです。

 

暗号通貨のリスクはコントロールできる

 

しかし、本当に「高いボラティリティ=ハイリスク」なのか

という疑問について、しっかりと考えておくべきでしょう。

たしかに高いボラティリティであることは、

値動きが激しいということとイコールなので、

リターンを得やすい分リスクも大きい」ことになります。

 

そのため、高いボラティリティは「ハイリスク要因の1つ」ではあります。

とはいえ、完全にイコールなのかといえばそうではありません。

なぜなら、「投資金額を少なくする」ことによって、

ボラティリティの高さをカバーすることができるからです。

 

たとえばビットコインは、

「米ドル/円」の通貨ペアの3倍~5倍程度のボラティリティがあるとされます。

ということは、ビットコインに投資する場合、

FXの「3分の1」~「5分の1」程度の資金でおこなうことで、

リスクを同程度に下げることができるとはいえないでしょうか?

 

つまり暗号通貨のリスクは

コントロールできないリスクではなく、いかようにもコントロールできるリスク」なのです。

 

正しい投資方法を学べば暗号通貨は怖くない

 

それでもまだ「暗号通貨は怖い」というイメージをお持ちの方も多いと思います。

しかし、暗号通貨のことを深く調べず、

気にはなっているのに踏み出せないのはもったいないとは思いませんか?

 

リスクはコントロールできる」という知識も、

暗号通貨と向き合うことで初めてわかることです。

 

最近では数年前とは異なり、

暗号通貨の規模も大きくなってきているため、

価値がゼロになる可能性はほとんどない

といってもよいところまで来ています。

 

(もちろん、未来のことは断言できませんが、

一般的な常識としてそう言っても問題はないでしょう)

 

これを機会に、

暗号通貨ってどのような仕組みなのかな?

と少しでも興味を持っていただき、

一歩を踏み出すきっかけとなれば幸いです!

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す