わずか5分でオリジナルの暗号通貨が作れる!金融取引プラットフォーム「Waves(WAVES)」

こんにちは、阿部です。

 

Waves(WAVES)のメインネットが

アップデートされましたね。

より使いやすくなって

利用頻度や価値が高まると期待されます。

 

さらに、

TMTブロックチェーンファンドとの提携も

報じられており、注目を集めています。

 

以前ブログで少し紹介したように

今後勢いを増すと言われている

プラットフォーム系の暗号通貨です。

 

 

独自の暗号通貨を発行できるプラットフォーム!  

 

 

Wavesを一言で表すと

分散型でオープンな金融取引プラットフォーム

です。

 

ブロックチェーン技術を通じて

様々な取引の拠点になるべく

開発が進められているということです。

 

大きな特徴は、

CAT(Custom Application Token)

と呼ばれる機能です。

 

この機能を使うと

独自の暗号通貨を

発行できるようになります。

 

カスタムと名づいているように

発行するトークンは

様々な機能が追加できるようになっています。

 

メッセージ機能や投票システム

分散型取引所(DEX)や匿名送金など

理論上はどんな機能でも

追加できるようになっています。

 

しかも、作成にかかる時間は

わずか5分程度

 

SNSアカウントを作るような手軽さで

オリジナルの暗号通貨が

発行できるのです。

 

実際にWavesのプラットフォームで

発行されたものの中からも

軌道に乗っているプロジェクトはあり、

 

MobileGoという

ゲームに特化した暗号通貨は

ICOで58億円もの資金調達に成功しています。

 

アイディアさえあれば

暗号通貨に関する細かい知識がなくても

簡単に暗号通貨を作れるようになります。

専門家がいらないですし、便利ですよね。

 

新規参入の入り口としても

非常に価値のある

プラットフォームといえます。

 

 

また、Wavesでは

分散型取引所(DEX)機能もあり

ユーザー同士で直接

暗号通貨の交換や取引が可能です。

 

この機能はiPhoneアプリが

リリースされているので

スマホで簡単に利用できるようになっています。

 

Waves上では

法定通貨との取引も可能になっています。

自分で作ったカスタムトークンを

使いやすいお金に両替して利用できます。

 

独自の暗号通貨が発行でき、

それがスマホアプリによって

流通しやすい環境になっていますから

参入したい企業にとって魅力的ですよね。

  

 

EthereumやNEMなど、強敵ぞろい!

  

 

金融取引のプラットフォームは

EthereumやNEMなど

強いライバルが複数存在しています。

 

Wavesの最大の強みは

独自のDEX機能(総合窓口機能)にあります。

発行から、取引、両替など全ての事が

一つのアプリ内で可能になっており

ユーザーの使いやすさを

追求したシステムになっています。

 

多くの金融取引プラットフォームの中で

最終的に残るサービスと考えた時に

より安全、便利で何よりも使いやすいものが

広く世に伝わり浸透していくと

僕自身考えています。

 

この使いやすいという点に

Wavesが特化する事で

水道や電気、ガスのように

次世代の新しいインフラになっていく

可能性は大いにあるのではないでしょうか?

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です