1日で2倍超!Bittrexに上場した暗号通貨「WAX」とは?

こんにちは、阿部悠人です。

 

本日、仮想通貨「Worldwide Asset Exchange(WAX)」が

大手取引所Bittrexに上場し、ご祝儀相場になりました。

 

最近、勢いがなかったBittrexですが、

14日にもSirin Labs Token(SRN)が上場するなど、

活発な動きをみせていますね。

 

ゲーム内アイテムの売買?

 

 

WAXとはオンラインゲーム内のアイテムを売買することができるサイト

オプスキンズ(OPSKINS)」が行っているプロジェクトで、

ゲーム内アイテムの取引に特化したプラットフォーム>です。

 

世界には20億人を越すゲーマーがおり、

そのうち4億人以上がゲーム内アイテムを売買していると言われています。

その市場規模は500億ドルを超えており、

取引量がもっとも大きいのがWAXの運営会社OPSKINSです。

 

この数十億ドル規模のアイテム取引を、

ブロックチェーン技術により分散処理させることで、

より安全で、より低い手数料で、

透明性の高い取引を行えるようにする」ことが

WAX(Worldwide Asset Exchange)の目的です。

 

WAXに期待して良い3つの理由

 

OPSKINSは

すでに多くのユーザーを抱えている

毎週20万人以上の新規ユーザー登録がある

ことから顧客基盤はしっかりしています。

 

また、先日は仮想通貨の融資プラットフォーム「SALT」と提携を結び、

WAXトークンを担保にキャッシュ・ローンを組むことが可能になりました。

 

これは、第三者に信頼できる価値のある通貨(トークン)として

認められたということですから、

これからの価格形成にプラスの影響を与えることは間違いありません。

 

さらに、2月22日にはCOBINHOODという取引所にも上場予定ですから、

今後の伸びがますます楽しみですね。

 

まとめ

 

・WAXはオンラインゲーム内アイテム取引市場であるOPSKINの創業者によるトークン

・アイテム取引をブロックチェーンで処理することで、安全性を高めつつコストを抑える

・運営には実績と顧客基盤があり、WAXトークンは融資の担保にも出来る信頼性をもつ

・2月22日には「COBINHOOD」という取引所にも上場予定

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です