ワールドカップで暗号通貨も熱狂!スポーツ観戦をさらに盛り上げる「WaykiChain(WICC)」

こんにちは、阿部です。

 

ワールドカップ盛り上がっていますね!

寝不足続きな方も多いと思います。

 

じつは暗号通貨市場にも

その熱狂に後押しされているものがあります。

 

スポーツ系のプロジェクトは特に熱く、

今日紹介するWaykiChain(WICC)も

前日比54.44%とものすごい上昇です。

 

WaykiChainの上昇は

開発中だったゲームベッティングアプリが

ワールドカップに間に合ったことも

大きな理由の1つになっています。

 

 

公平にスポーツ賭博を楽しめるサービスを提供

 

 

WaykiChainが目をつけたのは

賭博市場と金融市場です。

 

ギャンブル系といえば

Augur(REP)が有名ですが

Augurはカジノがメイン。

一方、WaykiChainは

スポーツ賭博がメインになっています。

 

日本だと完全にグレーですが

海外ではスポーツ賭博が認められており、

今回のワールドカップでも

莫大な賭け金が動いています。

 

ただ、賭博市場の多くには

大きな問題が、、

 

それは、

基本的に胴元が儲かるしくみであること。

 

主催者や運営者が、

結果的には大きな利益を得られるように、

うまく仕込まれています。

 

また、国によって賭博への考え方が異なるため

開発が進みづらいこと。

つまり、規制によって顧客が満足できず、

胴元の寡占状態に拍車をかけることが

問題になっているのです。

 

このため、従来の賭博市場は

企業や主催者たちによる

中央集権的な構造が強く残っています。

 

WaykiChainは、この構造を改善し、

参加者が平等に賭け事ができるようにしよう

と考えました。

 

Ethereumが持つ

スマートコントラクトを採用することで

一定の契約条件を基に

不正のない取引ができます。

 

胴元が収益をとることもなく

セキュリティ面が万全で、

不正やインチキもできませんから、

安全でクリアな取引が可能になるのです。

 

ベットや配当もスムーズに

行えるようになるので、

やり取りも活性化され、

より多くのお金が速く動くようになります。

 

賭け市場が盛り上がると

当然スポーツ観戦にも熱が入りますから、

チームやメディア、飲食店などにも

お金が回るようになります。

 

経営難に苦しむクラブチームは多いですが、

賭博市場の活性化によって

お気に入りのチームに間接的にでも

貢献できるようになるのです。

 

サポーターにとってもチームにとっても

嬉しいプロジェクトといえるかもしれません。

 

 

   

 

ワールドカップの熱狂がどこまで価格に伝わるか

  

 

投資する分には問題ありませんが

日本だとグレーゾーンなので

利用する際は注意しましょう。

 

ワールドカップは

これから決勝トーナメントを迎え、

さらに盛り上がっていきます。

 

試合結果と合わせて

WaykiChainの推移をチェックしておくと

楽しみ方が増えますね。

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です