格付け会社Weiss「暗号通貨は銀行よりも信頼性が高い」と分析

 

こんにちは、阿部です。

 

アメリカの有名な格付け会社

Weiss Ratingsは

暗号通貨は銀行よりも信頼性が高い

との見解を述べています。

 

銀行といえば

非常に高い信頼性が求められる機関。

 

そんな銀行よりも暗号通貨が

信頼できるなんて、本当でしょうか?

 

Weiss Ratingsのワイス氏は

暗号通貨がいまいち普及しない理由について

  • 価格の変動性(ボラティリティ)
  • 理解の不足

の2点を強調します。

 

そしてこの2点さえ克服すれば

暗号通貨は飛躍的に普及するといいます。

 

この考えに同意すべきでしょうか?

個人的な見解を交えつつ、

解説してみたいと思います!

 

有名格付け会社Weiss Ratingsとは?

 

現在のデメリットさえ

克服すれば、暗号通貨は

一気に普及を加速させる

そう主張するWeiss Ratingsとは

どのような会社なのでしょうか?

 

Weiss Ratingsは格付け会社です。

  • 保険会社
  • 銀行
  • 信用組合
  • 株式
  • ETF
  • 投資信託

といった金融商品について

「格付け」(評価)を行うため

1971年に設立された会社です。

 

最近では、暗号通貨の格付けも開始し、

話題となりました。

  • 「A」=該当なし
  • 「B」=イーサリアム・イオス
  • 「C+」=ビットコイン・ライトコイン
  • 「C」=リップル・イーサリアムクラシック
  • 「C-」=ビットコインキャッシュ
  • 「D+」=ビットコインゴールド

Weiss Ratingsは

上記のように暗号通貨を評価しています。

 

どの金融商品が優れているのか?

を公表することが仕事の格付け会社。

Weiss Ratingsの生命線は

情報の正確性にあるといえるでしょう。

 

そうした企業が

暗号通貨は銀行よりも信頼できる

と述べるような時代になったことは

とても興味深いですよね。

 

暗号通貨の普及を鈍化させている2つの要因

 

暗号通貨の普及が(一般層に)

いまいち加速しない理由について

Weiss Ratingsのワイス氏は

下記の2点を挙げています。

 

それぞれみていきましょう。

 

①価格の変動性(ボラティリティ)

暗号通貨の特徴としてあげられる

高いボラティリティ(価格変動率)は、

投資家にとって魅力的です。

 

しかし「お金」(通貨)として見ると、

高いボラティリティは

デメリットとなります。

 

僕たちが保有する「日本円」の

価値が乱高下していたら、

だれも日本円で貯金をしたいと

思わなくなってしまうでしょう。

 

僕もこの点には同意します。

暗号通貨には多くのメリットがあります。

  • 国境を問わず使える
  • 政府の政策などに価値を脅かされることがない
  • 送金するのが法定通貨よりも簡単
  • 銀行が不要になる可能性を秘めている

などなど。

 

しかし、ボラティリティの高さは

投資家ではない一般の人々にとって

大きなデメリットでしょう。

 

ボラティリティの高さは

暗号通貨が成熟に向かうにしたがって

低下していくと考えられます。

そのとき、暗号通貨は一気に

普及していくのではないでしょうか。

 

②理解の不足

Weiss Ratingsのワイス氏は

暗号通貨を阻害している理由に

理解の不足」も挙げています。

 

暗号通貨がどれほど

優れたものであるかや、

「お金の革命」となるということが、

まだまだ認知されていない

ということです。

 

しかしこれもいずれは

解決されることになるでしょう。

長く価値を保ち続ければ

人々に理解されるようになることは

想像にむずかしくありません。

 

なぜ仮想通貨は銀行よりも信頼できる?

 

Weiss Ratingsのワイス氏は

なぜ暗号通貨よりも

銀行のほうが信頼できる

考えているのでしょうか?

 

記事で、以下のように述べています。

仮想通貨の革命に適応しない限り、既存のシステムである銀行が人々の資産の保護を保持する世界を想像するのは難しい。

暗号通貨は革命的な技術であり、

銀行とその役割が重なっています。

 

そのためか、銀行が

暗号通貨の発展に対して

足並みを合わせる必要がある

述べています。

 

これが銀行よりも暗号通貨のほうが

優れているという意味でしょう。

 

もちろん、

1つの考え方にすぎないのは事実。

しかし、大手格付け会社という

伝統的な企業までもが

このように未来を予測していることには

意味があるとはいえないでしょうか?

 

さまざまな考え方の1つとして

参考にしていただければ幸いです!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です