リップル(XRP)の分散化が着々と進む【2018年8月15日】

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは本日の相場から確認していきましょう!

2018年8月15日の相場は→上昇!

今日のビットコインは1BTC/70万円で推移していて、24時間の変動率では2%の上昇となっています。

時価総額トップ10の通貨を見てみると、ほとんどの通貨がプラス(緑字)であり、特にリップル(XRP)が24時間で約13%も値上がりしています。

こちらはトップ100通貨の24時間急上昇ランキングです。

相場全体の上昇が目立つこんな日は、値上がりする銘柄はなおさら騰がっていきます。

上図でトップの上昇率となっているVeChain (VET)は24時間で約26%も急騰!

VeChainは中国(上海政府)との契約に成功している、数少ないブロックチェーン通貨です。

中国ではワクチンの偽造や、ワクチンに関係する不正が社会問題になっていて、それを防止するためVeChainが役立てられています。

実用性の高い仮想通貨ですね。

さて、本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

①リップル(XRP)の分散化が着々と進む

多くの仮想通貨は「分散」しているのが特徴です。

国や企業、個人などの特定の管理者が存在しておらず、どんな支配も受けていないということです。

このことを専門的にいうと、「非中央集権的」といいます。

リップル社が発行するXRPは、リップル社に支配されていて「分散」されていないと非難されていました。

しかしながら先日、XRPにおけるリップル社の「ノード」が半分以下の48%まで低下したことが分かりました

XRPがより「非中央集権的」になったことを意味しています。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

リップル社に対してXRPが支配的になりすぎると、「有価証券」と判断されてしまう可能性があります。

そうなると最終的に値下がりに繋がりかねないので、リップル社はXRPへの支配をやめ、「非中央集権的」な通貨になるよう努力してきました。

その形が具体的に「ノード数」の支配力で50%を切るという着実な一歩に繋がっていますね。

そのためXRPにとっては好材料といってもよい内容です。

詳しくは動画で解説しております。

②「国内でのビットコイン取引は違法」サウジアラビアにて

仮想通貨に対する各国の方針は様々です。

厳しい国もあれば、放置に近い国もあります。

サウジアラビアでは、常任理事会が「認可されていない仮想通貨取引は国内では違法」として、国民に警告を出しました。

国民は原則として、仮想通貨の取引ができなくなります。

阿部悠人の考察(重要度★★)

サウジアラビアの仮想通貨市場は大きいとはいえません。

また国民が警告を破り、仮想通貨取引をした場合の「罰則」も特に用意されていないようです。

とはいえ、マイナス要因であることに変わりはありません

「トレーダーが高いリスクを抱える」ことがその理由とされているので、ボラティリティが落ち着けば再検討されるかもしれませんね。

③送金アプリCash App、アメリカ50州でBTCに対応

アメリカの送金アプリ「Cash App」は700万人以上のアクティブユーザーを抱えています。

そんな有名アプリは先日、アメリカ50の州でビットコインを購入できるようにしたと発表しました

これまで買えなかった人にも、ビットコイン購入の道が開かれたことになります。

阿部悠人の考察(重要度★★)

Twitterではこの発表が1日足らずで1100以上のいいねが付けられています。

取引所ではなく、アプリで気軽に買いたいという層も意外に多いので、そういう人々にリーチできるような環境が1つ整ったのはよいことです。

④ジャマイカ証券取引所が仮想通貨取引に対応か

ジャマイカ証券取引所は、仮想通貨専用の取引所ではなく、「証券」を取り扱う公的な取引所です。

そんな同取引所が、2018年内にも仮想通貨に対応すると発表しました

つまりジャマイカ証券取引所で、仮想通貨が買えるようになるのです。

ニューヨーク証券取引所の仮想通貨プラットフォーム設立に始まり、最近では公的な証券取引所が仮想通貨に参入してきています。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

ジャマイカ証券取引所のフォレスト社長は

「最終段階はトークンの取引であり、スマートコントラクトであり、この商品に適した市場の提供であり、安全な方法でそれらを始めること」

と述べています。

つまり、仮想通貨が重要な役割を果たすと考えていることになります。

仮想通貨と無関係だった企業が、仮想通貨を取り入れていくことで、業界は一気に発展していくことになります。

投資家は注目しましょう!

2018年8月15日のまとめ

  • ①リップル(XRP)の分散化が着々と進む
  • ②「国内でのビットコイン取引は違法」サウジアラビアにて
  • ③送金アプリCash App、アメリカ50州でBTCに対応
  • ④ジャマイカ証券取引所が仮想通貨取引に対応か

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す