一部隠さず信頼を確保した安全重視の秘匿性プロジェクト「Zcoin(XZC)」

こんにちは、阿部です。

 

 

Zcoinが好調です。

BSODというサービスサイトで

マイニングプールできるようになり

注目を集めました。

 

プライバシー保護を

目的とした暗号通貨で、

先日から爆上げをしている

XVGと同様に期待されてますね。

 

 

ただ似たような通貨は多いので

Zcoinは他とどう違うのか?

詳しくお話していきます。

  

 

あえて一部隠さない匿名性暗号通貨

 

 

Zcoinを端的に言うと

「ゼロ知識証明を活用した匿名性暗号通貨」

です。

 

僕が以前配信したPIVXも

同じような謳い文句でしたよね。

 

秘匿性を重視した通貨は数多くあり

Zcash、DASH、Monero、Vergeなどが

よく知られております。

 

秘匿性の魅力は

取引の内容が公開されず

プライバシーが守られることです。

 

ビットコインなどの通貨だと

透明性を強化している分

取引はすべて公開された状態。

 

誰しもが丸裸の状態なので

公平性や安全性が保たれるだろう

ということなのですね。

  

とはいえ私情としては

オープンに取引することを

嫌がる人もいるでしょう。

 

そこで、多くのプロジェクトで

すべてを公開しない取引を

可能にする暗号通貨の開発が

始まっていきました。

 

Zcoinもその中の1つです。

 

では、Zcoinと他の匿名コインの違いは何か?

 

それは「秘匿性の範囲を限定している」

ということです。

 

よく似たZcashの場合は

完全秘匿をうたっていて

取引の内容や取引量など

すべてが隠された状態ですが

 

このZcoinは

取引量だけが監査できるようになっています。

 

金額面だけ隠していないわけです。

 

すべてを隠してしまうと

万が一改ざんが起こった場合など

通貨にもしものことがあったときに

対処できないというデメリットがあります。

 

隠してしまうと

当然出処も逃げた方向もわかりませんから

起きてしまうと追跡は不可能です。

 

Zcoinはこの問題に気づき

一部を隠さないようにしておくことで

万が一のときにも

対処できるようにしているのです。

 

外部攻撃を受けたときにも

対処ができるようになるので

よりセキュリティの高い通貨と呼べるのです。

 

数多くある匿名性暗号通貨の中でも

安全性を強化したプロジェクトということです。

  

 

他の匿名性プロジェクトとのせめぎあい

 

 

Zcoinは不正防止などには強いものの

他の匿名性暗号通貨と同じく

マネーロンダリングの危険性を

回避しづらい点と

処理速度が少々遅くなる点が懸念されています。

 

Zcoin自体も

マーケティングの観点で

どのように普及していくか?

というところが肝心になってきます。

 

Zcashなど他の匿名性通貨の

取り組みや活発性とも比較しながら

動向を見ていくようにしましょう。

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です