Vergeに続きZenCash(ZEN)へ51%攻撃―対策はある?

 

こんにちは、阿部です。

 

ZenCash(ZEN)が

ハッキング被害にあい

約55万8000ドル(約6140万円)

が不正に盗まれてしまったようです。

 

公式ブログが、

2018年6月3日の51%攻撃が原因

と発表しました。

 

Vergeなどいくつかのコインが

すでにハッキングを受けています。

ZenCashも

ほとんど仕組みでの犯行となります。

 

投資家にできる

対策はあるのでしょうか?

詳しくみていきましょう。

 

ZenCashが受けた51%攻撃―その詳細は?

 

ZenCashが受けたハッキングは

いわゆる51%攻撃に該当することが

公式ブログによって

明らかとされています。

 

51%攻撃とは、

悪意を持ったグループが

マイニングの過半数を占めたとき、

コインの一部機能を「乗っ取る」ことが

可能な仕組みを利用した攻撃です。

(※上記は直近1ヶ月の

ZenCashのチャートです。

攻撃により下落が加速しました)

 

犯人の手口としては

まずZenCashを取引所へ送金し、

価値のある通貨へと換金。

 

その後、二重払いにより

送金したはずのZenCashを

使い回せる状態にして

元手を約2倍に増やしたと見られます。

 

攻撃を受けたZenCashは本当に大丈夫?

 

ZenCashを保有する投資家は

今回の51%攻撃を

どのように考えればよいでしょうか?

 

51%攻撃は、ハッキングの中でも

比較的難易度が低い攻撃で、

規模の小さな暗号通貨であれば

膨大な予算をかけることで可能です。

 

一方、攻撃されることによる損害も

部分的なものとなっています。

 

たとえば51%攻撃では、

今回の二重払いのように

手持ちのコインを使い回すことで

価値を増やすことができる一方、

  • 他人のウォレットに保管されているコインを盗むことはできない
  • コインを無限に生産したり、ゼロからコインを生み出すことはできない

という特徴があります。

 

事実、51%攻撃により

通貨が完全に破綻するほどの

打撃を受けた例はまだありません。

 

ただし何度も発生するようであれば

人々の信頼を失い

価値が減少してしまうかもしれません。

 

ZenCashは51%攻撃を受けやすい

 

ハッキングされたZenCashとは

どのような暗号通貨なのでしょうか?

 

ZenCashは

外部からは取引が

観察しにくくなっている

匿名性コイン(匿名通貨)の1つです。

 

Monero、DASH、Zcash

などの匿名性コインもありますが、

その仲間であるといえます。

 

また、

  • コンセンサスアルゴリズムはProof of Work
  • 時価総額は2018年6月7日時点で約100億円(140位前後)

という特徴があります。

 

この2つは、ZenCashが

51%攻撃を受けやすい要因

となっています。

 

時価総額の小さいコインは注意

ZenCashは比較的

51%攻撃に弱い通貨となっています。

 

その理由の1つ目は、アルゴリズムに

Proof of Workを採用しているからです。

 

Proof of Workを採用していても

ハッシュ合計が大きければ、

51%攻撃に対して安心できます。

 

つまり、

「Proof of Workを採用するコインでは

規模の大きなコインほうが安心

ということになります。

 

しかしZenCashは、

Proof of Workを採用しながらも

それほど規模が大きくないコインです。

 

上記でも軽く触れましたが

時価総額は約100億円(140位前後)

となっています。

(2018年6月7日時点)

 

本来からして51%攻撃を

受けやすいコインだったのですね。

 

ZenCashのようなコインでは、

犯人は十分な予算をかけることで

比較的簡単に51%攻撃が可能です。

 

投資家としての対策はある?

 

こうしたハッキングに対し

投資家はどう対策

すればよいのでしょうか?

 

たとえば、

以下の行動が考えられるでしょう。

  • Proof of Workの暗号通貨へ投資するなら、ビットコイン・イーサリアム・ジーキャッシュのような規模の大きなコインにしておく(それでも攻撃の可能性はゼロではない)
  • 51%攻撃による値下がりは限定的と考えて、織り込み済みで投資する
  • いくつかのコインへと分散投資し、リスク分散を図る

 

自分の保有している暗号通貨での

悪いニュースは焦ってしまうものですが、

落ち着いて対策すれば問題ないことが

ほとんどです。

 

上記をぜひ参考にしてみてください!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です