一年の計は元旦にあり!あなたの投資人生を決める今年のキーワード?

こんにちは、阿部です。

 

明けましておめでとうございます。ついに2018年が明けました。昨年(2017年)は暗号通貨上昇元年とも言うべき記念すべき年になりましたが、今年も引き続き大きな上昇が期待できそうです。

 

さて、今日はそのような年初めにふさわしく、今年一年を有意義に過ごすためのマインドとキーワードについてお話をしようと思います。

 

2018年を輝かしい年にするためのキーワード

 

去年も投資についての考え方をお話しましたが、ギャンブルと投資の最大の違いについて覚えていますか?

 

『ギャンブルと投資の違い』

 

それは、「ギャンブル」はあくまで現実的な現金の勝ち負けについて競い合うのに対して、「投資」は目先の結果だけではなく、体験や知識、人脈を培っていくことが目的になりえることです。

 

極論すれば「投資」においては目先の利益や損得は問題ではありません。むしろ積極的にコストを払うことで、最終的にそれ以上の対価が得られればいいのです。そのため、場合によっては労力やお金を惜しみなくつぎ込むことも必要になってきます。

 

たとえばパソコンスキル、

 

パソコン教室に通ったり、本を買ったり、インターネットで調べたり、自分でプログラムを作って無償で提供したり

 

そういう時間、手間、お金を惜しまない態度が最終的には自分自身のスキルとなって返ってくるという考え方です。

 

「自分に投資する」という発想で、目先の損得にとらわれずに行動したことが、将来におけるリターンとなって返ってくるというところが重要なのです。もちろん、最終的に投資した金額を上回るリターンが得られたならいうことはありません。

 

さて、このような未来に生きる投資をするためには、とても重要な原則があります。

 

それはまずとにかく実際に行動してみるということ』です。

 

「自分で行動する」というキーワード。どんな投資もまず、実際の第一歩を踏み出さなければ話になりません。

 

トレードで実践の第一歩を踏み出す

 

暗号通貨に限らず、まずは実際に自分で「買ってみる」「売ってみる」という実戦が必要になります。2017年は暗号通貨全体が大きな上昇トレンドに入っていましたので、買いに入った人は利益を出すことができたはずです。

 

一部でもこの上昇トレンドに乗れれば、結果を出すことは容易だったでしょう。

 

投資にあたって、僕は二つのアドバイスをしました。

 

1、資産を三分の一に分けて投資すること

 

2、最初の投資はずっと寝かせておいてもいい性質のお金を用意して始めること

 

これらは投資の態度、お金の性質の問題であり、ある意味マインドに近い性格を持っています。

 

なぜこのようなマインドが必要かといえば、去年の途中からは暗号通貨、とくにビットコインは上がりすぎてチャート的にはリスクがあったからです。

 

もし相場に置き去りにされて、眺めているだけのような状態になりたくなければ、最初の一歩は少し無理にでも踏み出さなければならない状況にありました。

 

結果を見れば、このような態度でのトレード参加は正しかったと言えるでしょう。年末の上昇相場で買えた人は、200万円割れした1/9現在の時点でも利益が出ている状況になっています。

 

ただ、遅れて途中から参加した場合や、どうしても勇気が出せなかった人、あるいは余裕資産を作ることができなかったケースなど、結局、眺めているだけの人もいたでしょう。

 

そういう人は今年こそ実際に参加してください。

自分の力で勇気を踏み出して買ってください。

 

まだ歴史的な相場には間に合います。

 

今年は暗号通貨本格上昇の二年目

 

2017年が暗号通貨元年とすれば今年は二年目にあたります。インターネット相場に対応させて考えれば、ちょうど2017年はYAHOO JAPANが上場した20年前の状況に似ているかもしれません。

 

インターネット株は2000年の春に歴史的な天井をつけましたが、今回の相場は東京オリンピックの2020年付近をひとつのターニングポイントとして考えています。今年の状況だとリスクはありますが、まだまだいけるでしょう。

 

ビットコインを例に取れば、(1/9時点で)少額に分割すればまだ買えます。

 

1ビットコインで180万円

0.1ビットコインで18万円

0.01ビットコインで1.8万円

 

自分がこれだけの額を投資すれば真剣に勉強するようになると思える額を投資してください。

 

これからのあなたの人生においてこの投資は決して無駄にはなりません。

 

まとめ

 

★投資ではあえて費用や労力を惜しまずつぎ込み長期的な視点で考えることが重要。目先の損得にはこだわらないこと。

 

★キーワードは「行動」するということ。まずは実戦の第一歩を踏み出す。失敗を恐れないこと。

 

★暗号通貨は2020年までを上昇トレンドとして予想。去年乗れなかった人は0.1~0.01単位からでも投資すること。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す