科学的に証明されている?初心者に多い「投資で負ける癖」

 

 

こんにちは!

阿部です。

 

ビットコインが値を戻してきています。

やはり強いですね、、

 

長期で見れば、暗号通貨市場は莫大な伸びしろがありますので、

日々の値動きに一喜一憂するような必要はありません。

 

いつでもが買い時だと思うので、

金庫に保管しておく感じもアリだと思います。

 

トレードでも稼ぎたい、、

 

そんなあなたには

ぜひ知っておいて欲しいことがあります。

 

タイミングが全て

長期で構えるというあなたなら、

日々の値動きに反応することなく

楽しみに待っていればいいと

思うのですが、、

 

株でも為替でも暗号通貨でも

相場のトレードでは、

上がるか下がるか、どちらかです。

 

ある意味、

5分5分ですから、

 

右肩あがりに上がって行く相場でも、

タイミング的には下がることもあります。

 

「損小利大」

しかし、

負けるときには、小さい損失におさえる。

勝つときには、大きな利益を出す。

 

そうすれば、

自然に利益を残し続けることが

可能になります。

 

損は小さく、利益は大きく

 

この考え方は、

トレードの基本中の基本なので

忘れないでくださいね。

 

プロスペクト理論

ちょっと、行動経済学の

話をしますね。

 

なんだか難しそうな

話のようですが、

 

人間の意思決定って

どんな傾向があるのか、

 

あなたも知っておいて

絶対に損のないことです。

 

とても興味深い

心理実験の結果がありますので、

ぜひあなたも一緒に考えてみてください。

 

つぎの2つの選択肢のうち、

あなたなら、AかBか、

どちらを選びますか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

A:100万円をあげます。

 

B:コインを投げ、表が出たら200万円をあげます。

  でも裏が出たら何も手に入らない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この場合、

Aを選ぶ人が圧倒的に多いのです。

あなたはどうでしたか?

 

では、つぎの質問です。

あなたなら、AかBか、

どちらを選びますか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あなたは200万円の借金があるとします。

 

A:借金を100万円に減額してあげます。

 

B:コインを投げ、表が出たら借金をチャラにします。

  でも裏が出たら借金はそのままです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この質問では、

Bを選ぶ人が圧倒的に多いのです。

 

つまり、

 

「利益が出そうだと思ったら、

 確実に小額でも利益を確定する。」

 

「損益が出ているときには、

 損がゼロになるようギャンブルをする。」

 

ということです。

 

なので人間は、

 

利益に対しては、

確実にもらえるように意思決定をし、

 

損失に対しては、

最大限に回避しようとするという、

 

多くの人の行動パターンを

これで知ることができる感じです。

 

とはいえ、これだと結局、

トレードで勝ち組になることはできません。

 

なぜなら、

 

「損小利大」

 

損は小さく、利益は大きく

このルールから反れてしまい、

 

「損大利小」を招くからです。

 

たとえば、

ある暗号通貨コインを買ったときに、

値がグイグイあがり始めてくれた。

 

これはうれしいですよね。

 

でも、ある値になると、

急にピタッと上昇が止まり、

下がり始めたとします。

 

すると、

利益を確実にしたいという

プロスペクト理論が働き、

 

すぐに利益確定してしまうのです。

 

ですが、

実はココが”押し目”だったりします。

 

そこからさらに上昇し、

もっと利益が出ることもあります。

 

逆に、こんなケースもあります。

 

ある暗号通貨コインを買ったときに、

値が下がり始めてしまいました。

 

これはショックです。

でも、ある値でピタッと下げが止まると、

 

「いや~助かった、これから上がるハズだ」

 

そんな感じで、損切りせずに

そのままホールドしてしまうのです。

 

ですが、この下げの一時停止は、

”戻し目”だったりします。

 

そこからさらに値を下げ、

含み損がさらに、

大きくなることがあります。

 

ーーーーーーーーー

「コツコツドカン」

ーーーーーーーーー

 

コツコツ小さく勝ちを積み重ねていっても、

大きな損を一度ドカンとやってしまうと、

利益を残すどころかマイナスになってしまう。

 

トレードの初心者に多い

負けパターンです。

 

プロスペクト理論で証明された

多くの人の心理は、

このパターンにハマりやすいと言えます。

 

なので、

 

人間は生まれながらにして、

「損小利大」ではなく、

「損大利小」の投資をしてしまう

 

このことは、

あなたの脳にインストールしておいたほうが

いいと思います。

 

そして、あなたはもう

気づいていると思いますが、

 

このプロスペクト理論を逆手に取れば、

トレードの勝ち組になることができる。

 

そうとも言えますよね。

 

あなたが選ぶ道こそがコレ

http://iabe.jp/2v4dcHP

 

知りたいなら行動するしかない

暗号通貨市場は、

とにかく新しい市場です。

 

どんな市場でも

先行者が得をすることが

当然のようにあります。

 

その先行者利益を

もしもあなたが得たいと思うなら

行動するしかありません。

 

・目先の値動きに一喜一憂して、

 いつ買おう、いつ売ろう、といつも悩んでしまう

 

・上がっているはずの銘柄を取引していたのに

 自分の資金はマイナスになってしまう

 

・下がり始めると胸がグイッと締め付けられて

 辛くてチャートを見ていられない

 

・いつも適切な損切りができずに

 塩漬けになってしまう

 

・上がる銘柄を探し続けて

 やたらめったら情報収集をしまくっている

 

・「上がれ・・、上がれ・・」

 とチャートに向かって念じてしまう

 

もしもあなたが、

一つでも身に覚えがあるようなら、

コンマ1秒でも早く行動しましょう!

 

 

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です