ベネフィットを伝えれば商品は売れる!ジャパネット流セールス法!

 

 

こんにちは、阿部です。


家具やインテリア用品がほしいとき、あなたはどうしますか?


「とりあえず、ニトリ」

という方、結構いませんか?

 


「お、ねだん以上、、ニトリ」
のキャッチコピーでおなじみですが、
なんだかんだ言いながらも、つい足を運んでしまいませんか?


実はこのニトリ、、、
なんと28年連続で増収増益を実現しているそうです。


その秘訣は、何だと思いますか?


ただの”安売り”というのではありませんよ。

商品は壁!?


これは、セールスにおける
最も大切な”キーワード”の一つです


ご存知の方も多いかもしれません。
しかし、ついつい忘れがちになったりします。
 


そんな盲点ともいえるコトなので、
しっかりと復習してもらえれば嬉しいです。


もちろん、

「何それ?聞いたことない!」

そんなあなたも、

これを機会に知っておいてくださいね。

お客様が本当に欲しいものは?


あなたがビジネスでお客様に提供するのは、

あなたの商品やサービスです。


その商品やサービスをお客様に選んでもらいたい。
そのために、どうすれば買ってもらえるか、

一生懸命に考えますよね。


ーーーーーーーーーーーーーーー
内容はどのようなものがいいか?
見栄えは、デザインは?
価格設定はどのくらいか?
他との違いは何か?
などなど、、
ーーーーーーーーーーーーーーー


でも、ちょっと待ってください。


============ 
お客様が求めているのは、
何でしょうか?

============


お客様が求めているのは、
その商品やサービスというより、
それを手に入れることで得られる


==============
”ベネフィット”(結果)です。
==============

 

なぜ100万のバッグが予約待ちなのか?


たとえば、エルメスの「バーキン」という
有名なハンドバッグがあります。


バッグでありながら、100万円を超える
高価な商品にもかかわらず、いつも品薄です。
何年も何年も、予約待ちなのです。


そこで、もしもあなたの商品が、
”ハンドバッグ”だったとします。


バーキンよりも、、
ーーーーーーーーーー
良い革を使っている
機能的である
頑丈である
圧倒的に安価である
ーーーーーーーーーー
 


いくら良い商品だとしても、、
どんなに上手く説明しても、、

「バーキンを買いたい」

そんなお客様には響きません。


「こんなにすばらしい商品なのに
 どうして売れないんだ!」


あなたは悩んでしまうかもしれませんが、
その理由は明白です。

なぜなら、エルメスのバーキンを持つことこそが、、
そのお客様の『ベネフィット』だからです。

あなたの商品は、
ーーーーーーーーーーーーー
「ブランドにこだわらない」
「良質の革バッグを持ちたい」
「大切に永く使いたい」
ーーーーーーーーーーーーー


そういうお客様こそ、狙うべきなのです。
お客様は何よりも自分自身の満足、成功を求めています。


大事なのは、あなたの商品やサービスで、
お客様が得られる

============
『ベネフィット』は何か?
============

ということです。


そういう意味では、商品やサービスは
ーーーーーーーーーーー
『壁』と言えるのです。
ーーーーーーーーーーー


お客様が”ベネフィット”を得るためには、
その手前にある商品やサービスの”壁”を
越えなければならない。


そして、その”壁”がスッ~と越えられると、
売れてしまうわけです。


説明すればするほど、あなたとお客様の間に
高い”壁”ができます。


逆に言えば、
「お客様の求める結果が得られる」
そういう意味で、良い商品やサービスなら、
説明は不要です。
勝手に売れてしまうのです。


とは言え、それほどの商品て、
なかなかあるものではありません。


なので、セールスの成功している手法を
参考にするといいです。

セールスの王から学べ


たとえば、有名な通販大手ジャパネットです。


その商品だけを見れば、突出した特徴がない商品でも
あっと言う間に大量に売ってしまいます。


デジカメを売るとしましょう。
他メーカーと比較して、性能も似たり寄ったりで、
特に強調するポイントがない・・・


さてさて、あなたならどうしますか?


ジャパネットの手法はこうです。


デジカメを持ってない人に
「使えば、こんないいことがあるよ!」
そんなイメージを抱かせるのです。


ーーーーーーーーーーーーーーーー
おじいちゃん、
おばあちゃん、、

お孫さんのニコッと笑った
かわいい写真を撮りたくないですか?

あなたにもカンタンに、
キレイに撮ることができます。


その写真をプレゼントしませんか?

ご子息やお孫さんの喜ぶ顔を
見たくありませんか?
ーーーーーーーーーーーーーーーー


こんな感じです。
上手ですよね。


熟年層にデジカメの性能をいくら説明しても、

「むつかしい」
「操作できない」

そんな壁ができるだけですが、
これだと、ぜんぜん違うじゃないですか、、

そりゃ〜〜売れてしまうワケです。


あなたもぜひ、
大事な商品やサービスであればあるほど、、
”壁”になっていないかどうかを意識してみてくださいね!

 

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です