インターネットビジネスで成功するためのゴールデンルール③

 

 

皆さん、こんにちは。

 

 

トンネルを抜けるとそこは、、、瓦礫の山でした。

 

久しぶりに帰省すると、

以前あったお店が無くなってることってありませんか?

 

小学生の頃に通っていた駄菓子屋が無くなり、

スーパーが無くなり、洋品店が、メガネ店が、本屋が・ ・ ・

 

 

郊外型ショッピングモール、大手家電チェーンの進出、Amazonの登場

 

仕方ないのかなとも思いますが、

慣れ親しんだお店が無くなってしまうのはやっぱり寂しいですよね。

 

最近は老舗の電気店が消えていました。

 

「あーらら」

 

と思ったら、なんとネットショップを開いていました。

 

たしかに、リアル店舗をオープン・維持するには

かなりの費用と手間が掛かります。

 

立地を考えたり、店舗を借りたり、内装を整えたり、

届け出をしたり様々な準備が必要です。

数百万は掛かるでしょうね。

加えて、仕入れや人件費などの運転資金も必要です。

 

あ~書いているだけでげんなりしてきました。

 

その一方、ネットショップなら数十分の一の費用と手間で済みます。

さらに、日本はもちろん世界中の人をお客さんにできます。

大きなチャンスが眠っていると思いませんか?

 

ということで今回は

『ゴールデンルール3 ネットショップ開業』についてです。

 

 

転売を繰り返しやっていると安定して売れる商品が

見つかってくると思います。

「このブランドのモノが」とか「このデザインのモノが」とかですね。

 

売れ筋の商品が分かったら、

その商品を中心に取り扱ったショップを開きます。

 

「でも、ヤフオクやAmazonで売った方が集客もいらないし楽じゃない?」

 

と考える方もいると思うので、ショップを開く意味をお話しします。

 

なぜ、ショップを開くのか?

 

それは、より大きな利益が見込めるからです。

 

ヤフオクやAmazonは大型ショッピングモールです。

 

たしかにお客さんは大勢来ますが、

同じような店が多いため、価格競争が激しく、

安売りせざるを得ない状況も多々あります。

 

これに対して、自分のショップというものは個性、ブランド力が際立ちます。

お客さんはここでしか買えないモノを求めてやってきます。

 

そのため、お店のファン、リピーターになってくれる方が出てきますし、

値段設定も自由に出来るようになります。

 

また、オークションやAmazonと違い、

お客さんへの継続的なアプローチがしやすいので

何度も購入の機会を提供でき、売り上げが安定します。

 

さらに、販売しているプラットフォームの(時には理不尽な)方針に

左右されずにすみます。

いきなりアカウント停止なんてことはありません。

 

このような点がショップを開業するメリットです。

 

もちろん、ネットショップを運営するには

 

・どうすればお客さんはもっと集まるのか

・どうすれば継続的に購入してもらえるのか

 

といったことを考えなくてはなりません。

 

簡単ではない事ですが、

これをやることでネットで商売をするための基礎力がつき、

次のステップに進んだ際に大きく活きてきます。

 

『ネットショップの開業』

転売で自信が付いたら、ぜひ挑戦してみてくださいね!

 

 

ご質問・ご相談は遠慮なくどうぞ^^

いつでもお待ちしております。

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です