インターネットビジネスで成功するためのゴールデンルール後編

 

 

こんにちは、阿部です。

 

突然ですが

あなたはメルマガを読んだことはありますか?

 

実業家や芸能人、作家など様々な人が発行していますよね。

堀江貴文さん、所ジョージさん、『もしドラ』作者の岩崎夏海さんなど

有料のモノも無料のモノもあり、玉石混交です。

 

有料の方が質は安定していますが

ネットビジネス関しては無料のモノでも

実用性のある質の良い情報が手に入ります。

 

もちろん、無料で質の良い情報が得られることには

きちんとしたビジネス上の理由があるのですが、、、

僕もネットビジネスを始めたころには

大変お世話になりました。

 

さて、そんな僕もいつの間にか

情報を発信する側になっているのですが

これはそんなに難しいことではないのです。

 

送られてくるメルマガを読んでいるだけだった時には

「自分にできるのかな?」と半信半疑でした。

 

しかし

ゴールデンルールに沿ってコツコツ進めていくうちに

この場所に来ていました。

やっぱり、積み重ねが大事ですね。

 

ということで、今回は前編の続きです。

ゴールデンルール④『情報発信』

についてお話ししていきます。

 

ゴールデンルール④情報発信

③でネットショップを開業したらブログ、メルマガ、

SNS(フェイスブック、ツイッター、LINE@など)等で情報発信です。

 

「ブログ?日記でも書んですか?」

 

いえ、書くのは【コラムやショップの情報】です。

ランチの写真などではございません。

 

お客様にとって有益な情報や

あなたが蓄積してきた経験、ノウハウを提供していくのです。

 

これら(特にメルマガやLINE@)の良い所は

一通のメッセージが一瞬で大勢の人に行き届くところです。

 

ネットビジネスでよく言われる

「レバレッジが効く」というものですね。

 

一回の労力で得られる効果がリアルに比べて

圧倒的に大きいです。

 

まずは、ネットショップのお客様に向けて

商品情報などを送ってみましょう。

 

実世界で言えば、これは利用したお店から送られてくる

ハガキやDM(ダイレクトメール)と同じようなモノです。

 

継続的にコンタクトを取ることにより

リピーター、ファンになってくれる可能性は高まりますし

その方達が口コミで宣伝活動もしてくれます。

 

そして

ここからが情報発信の本番です。

 

次は、ネットビジネスをやりたいと思ってる人向けに

役立つ情報を提供していきます。

 

情報発信で大事なのは

「自分の経験を基に伝える」ということです。

覚えておいてくださいね。

 

ここまででお話ししたように

「情報発信」の相手には2タイプあります。

 

まずは「自分のショップのお客さま」

次に、「ネットビジネスとやろうとしている人」

 

今回の内容は後者の

「ネットビジネスをやろうとしている人」向け

の情報発信についてです。

 

発信すべき内容は?

・経験してきたこと

・ノウハウ、テクニック

 

これらの方は情報に飢えていますから

あなたが転売ビジネスで経験してきたことを伝えれば

必ず喜んでくれます。

 

これを続けることで

読者の数と発信者に対する信頼が増していきます。

 

もちろん

役に立たない情報ではどちらも減るだけです。

出し惜しみせず、全力でやって下さい。

 

ある程度読者が増え

記事に対する反応がもらえるようになったら

 他の方のメルマガ

 無料・有料レポート

 教材

 セミナー

などを紹介していきましょう。

 

読者の方があなたを通じて

これらのモノに登録、申込みをすると紹介料が得られます。

いわゆる、アフィリエイトですね。

これを実践していきます。

 

情報発信の方法とメリットとは?

では、

「ビジネスに関する情報はどう発信すればいいの?」

という疑問にお答えしていきます。

 

発信にはまず、ブログとフェイスブックなどのSNSを利用していきます。

以下に流れを記します。

 

・ブログやフェイスブックに役立つ記事を投稿

            ↓

・専門家としての自分を認知してもらう 

            ↓

・ブログやフェイスブック上でメルマガ登録を勧める

            ↓

・メルマガで情報提供、専門家としての信用を高める

            ↓

・他の人の情報も提供していく

 

このような流れになります。

 

もちろん

ショップに関する情報も同じように発信できます。

最近だとLINE@も注目されています。

 

メールに比べるとLINE@の開封率は相当高いです。

(きちんと読まれているかは別としてですが。)

 

これはLINEを利用している方なら分かると思うのですが

未読メッセージは何か気持ち悪く感じませんか?

ですから、つい開封してしまうのだと思います。

これは、あくまで僕の推測となりますが。

以上で「情報発信」の説明は終わりです。

 

どうでしたか?

感じはつかめましたでしょうか?

 

他の人の情報を紹介していくビジネスは

今までのモノを売るビジネスとは違い

【商品を準備する必要がない】

【在庫を持たない】

【発送の必要がない】

【同時に何人もの人に販売できる】

といったメリットがあります。

 

たとえば

ある情報商材を100人の読者に紹介して

5人の方が購入したとします。

1つ当たりの紹介料が5000円だとすると

5000円×5=2万5000円です。

 

紹介文を書くのに30分かかったとしたら

時給は5万円になります。

結構いい金額ですよね。

 

読者数とあなたへの信頼が増せば

さらに何倍もの収入を得られます。

 

つぎで

ネットビジネスで成功するためのゴールデンルール」

もいよいよ完結となります。

 

これまでに紹介した内容

覚えていらっしゃいますか?

 

軽く復習しておきましょう。

 

-これまでのまとめ-

① ヤフオク・フリマアプリで不用品販売

   →物を売る経験と資金をゲット!

 

② ヤフオク、Amazon、フリマアプリで転売

   →商売の基礎、成功体験をゲット!

 

③ ネットショップ開業

   →マーケティング力、より大きな利益をゲット!

 

④ 情報発信

   →支持してくれる人(ファン)、効率の良い稼ぎ方をゲット!

そして最終段階である

 

⑤ 『コンテンツ販売』 

ここまで来たら、あなたはもう一人前のネットビジネスプレイヤーです。

 

自分のサービスを販売することは

それまであなたが行ってきたことの集大成となります。

 

コンテンツ販売には・・・

・「情報商材」

・「塾」 

・「コンサルティング」

・「セミナー」

などがあります。

 

【情報商材の販売】とは・・・

自分の持つ情報、たとえば

「ダイエット方法」

「FX の勝ち方」

「転売で稼ぐ秘訣」

などを販売するビジネスです。

 

【コンサルティングや塾】とは・・・

自分の知識、経験を基に指導することで

顧客をより稼がせようというモノです。

 

顧客に対するコミットメントが情報商材の販売よりも強いですし

自らのコミュニティを作ることができます。

 

優秀な人が集まれば

そこからさらに

ビジネスを拡大していくことも可能です。

 

販売するコンテンツは

自分が今まで培ってきたことがベースですから

実績がなければ見向きもされません。

 

そもそも、成果を出していないのに

実践すべき、価値のある情報を提供できるわけはないですよね。

 

価値がないモノを販売していたら

たとえ売れたとしても一瞬だけ、継続性はありません。

残るのはわずかなお金と悪評だけです。

 

ですから

『コンテンツ販売』は『せどり』をはじめとした

ゴールデンルール①~④で

しっかりと経験を積み、実績を上げてから

取り組むべきビジネスと言えます。

 

さらに、実績を出すと

他の成功者の方と知り合う機会が増えます。

 

すると

その方たちと情報をシェアしたり

自分の商品を宣伝してもらうことも容易になります。

 

こうなると

ビジネスは一気に加速していきます。

良い流れがさらに良い流れを呼び込んでくれるのですね。

 

以上が「ゴールデンルール⑤コンテンツ販売」の説明になります。

コンテンツを販売するイメージはつかめましたか?

 

あなたの強みを作り

実際に実績を作ることで販売することが出来るものです。

 

ゴールデンルールの段階を踏み

是非コンテンツ販売までいきましょう。

 

ゴールデンルールを実践していく

ここまで、ゴールデンルールの④・⑤について紹介してまいりました。

初めて聞いたという方も多くおられると思います。

 

ですがあせる必要はありません。

『ゴールデンルールを知ったことで、あなたは真のスタートラインに立った。』

と言えるからです。

 

ゴールデンルールは数多くの成功者により実践されています。

確実かつ最短のルートであることがハッキリとしています。

 

これからネットビジネスを始める方も、既に始めている方も、

このルールに沿って、最速で成功をつかみ取りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です