アドリブがうまくなりたい人必見!成長するPDCAの回し方って?

 

 

こんにちは、阿部です。


歌舞伎界のプリンスが訃報に襲われました。
国民的に人気のあった奥様ですから、多くの人が悲しみに包まれています。


でも、海老蔵さんのスゴイところは
究極の悲しみの中でも
舞台公演に穴をあけることなく演じ切っていることです。

普段と変わらず
特別感を一切出さず
プロの凄みというか究極のアドリブとも言えるかもしれません。


今日の話は「アドリブが苦手だ」
そんなあなたにぜひ読んでほしいです。

 

スタートは計画50%発見50%?

新しく何かを始める時、あなたは100%計画を立ててから取り組んでいますか?
それとも、ある程度計画できたら、あとは見切り発車しちゃうとか

 

あるいは、最初から最後まで出たとこ勝負みたいな感じだったり、
「あなたはどのタイプですか?」

もしもあなたが、100%計画をたててからでないと
『動けない、動かない』
というのであれば、
今日から考えを変えたほうが良いかもしれませんよ。


なぜかというと、
あなたが思った通りの結果になるのは、
せいぜい半分くらいで、残りの半分は実際にやってみてから、
やっとわかる部分が必ずあるからです。

 

100%計画通りなんてありえない

ちょっと、想像してみてください。
あなたが、どこかへ旅行に行くことになりました。
宿泊先のホテルを予約して、交通手段を調べて、切符を手配して・・・

現地で何を食べようかとか、いろいろと計画を立てますよね。


ガイドブックを見たり、食べログで調べたり、
その情報をもとにして、行ったことのない店を予約したりすることでしょう。


それで実際行ってみると、ちょっと期待ハズレだった。
そんな経験ありませんか?


逆に、
 

現地に行ってから、
教えてもらった店だとか、
なんとな〜く入ってみた店で思いがけず、
良い体験ができちゃったみたいな
そういうことって、結構あるんじゃないでしょうか?


あるいは、
芝居や演劇なんかでも、
100%台本どおり演じたものも素晴らしいのですが、
途中でハプニングが起こったり、演者がアドリブを効かしたり・・・
そんな感じのほうが、観る側には評判が良かったりします。


たしかに、綿密な「計画」を立てることは非常に重要です。
しかし、「100%計画通り」はあり得ないのが現実でしょう。


なので、

 

計画は50%決まったらスグ行動


100%になるまで考えていたら、いつまでたっても行動できません。
やらずに終わったり、そんなことにもなったりします。


「よし!これで大丈夫だ!」
と確信して、やっと動き始めても、
どこかでミスがでたり、思った通りの結果が出なかったりします。



それはきっと、計画が50%であっても同じことですよね。


実際に行動してみれば、いろいろと発見することがあって、


「ここはこうしたほうがいい」
「ここはやらなくてもいい」


という感じで、発見することがいっぱい出てきます。
そして、その都度、修正しながら、進めてゆけばいいんです。


だったら、

行動をできるだけ早くしたほうが、絶対に良いはずじゃないですか

=====
計画50%
発見50%

=====

綿密に立てたはずの
「計画」

見落としていた
「発見」

計画の時点では想定できなかった
「発見」


しかし、この「発見」は“計画”を立てなかったら見えることのなかった、、、
貴重な『宝物』です。
この宝物を“次の計画”に活かしてゆく
この循環です。


計画が50%決まった時点で動き出し、
動きながら軌道修正してゆく。

想定外をあらかじめ想定しておくだけで、
より早く、より良い結果を出すことができます。

あなたも、やってみて損はないと思いますよ。


ぜひ、今回の記事を参考にして『アドリブ力』を鍛えてください。

 

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です