あなたはジェネラリスト?スペシャリスト?アマとプロの境界線とは?

 

 

こんにちは、阿部です。


メルカリが、年内に上場するようですね。

時価総額が1000億円を超える可能性が高く、

大型の新規株式公開(IPO)として注目されているそうですが、、


実際に、注目しているのは、投資家の人だけだったりします。


まっ、、、僕は暗号通貨のほうが興味ありですけど、、^^



上場するとなると、ユーザーのことよりも、

結局は投資家の目線を見ながら経営をするということになります。

利益を出し続けないと評価されない、そういう世界です。


そのため、いつの間にか、全く違う業種業態になってた、そんな例も多々あります。

専門色・ユニーク性が失われちゃうかもしれません。

 

正直、ただ便利なだけだとチョット、、、って感じです。

 

何でも屋はキケン!?


============
『プロ意識を持つ』です。
============


「何でもやります!」

もしもあなたが、この言葉を自分の売りにしているのなら、

少し考えたほうがいいかもしれません。

 

なぜなら、

「”何でもやる”というくらいの勢いがあるのだから、きっと良い仕事をしてくれる、、」

そんな感じで重宝してくれるというわけでは決してないからです。

とにかく、一生懸命やればいい体を動かすことを重要視されたそんな時代ならともかく、

今の時代では通用しません。

たとえば、便利屋ってあるじゃないですか。

トイレのトラブル、
水のトラブル、
カギのトラブル、など、

困った時に、なんでも対処してくれます。

 

何でもやる人は、

それだけ有能なわけで、忙しい毎日になります。


ですが、

ーーーーーーーーーーーーーー
どれも中途半端になってしまう
ーーーーーーーーーーーーーー

そんな可能性もあるわけです。

 

本当に大切なことを任せられる人とは?

 

なので、あなたがいざ”家を建てる”となると、便利屋ではなく、工務店やハウスメーカーといった、その道のプロに依頼するでしょ?


なぜならば、

=============
重要なことであればあるほど、
専門性が高い人を
誰もが求めるからです。
=============

いつの時代もどんな分野でも、スペシャリストと呼ばれれる人は、

その分野で名前が知れ渡り、それがブランドになったりします。



サッカーと言えば、このブランド
野球と言えば、このブランド
紳士服と言えば、このブランド
女性のバッグなら、このブランド

というように、高価なお金を払ってでも、そのブランド価値を求める人はたくさんいます。

手に入るまで時間がかかるとしても、何ヶ月待ってでも、行列に並んででも高いお金を支払うのです。


結局、

============
専門性を追求する人は、
安心感と安定感があります。

============

そのスキルを身につけるのに、それだけの経験を積んでいるということになるので、

何でもやるという人より頼れる能力があるのです。


その対価として、高額な報酬を得ることもできるという感じです。

特にビジネスにおいても”プロ”、”アマ”の違いがあります。

 

プロの仕事だと思う判断の基準を僕はこんなふうに思っています。

=============
”すごい!”を感じるかどうか
=============

これを意識しています。


僕の仕事を『すごい!』と感じてもらえるかどうか、、

少しでも大きな満足を与えられているかどうか、、

常に意識をしています。

 

すごい!を目指せ


あなたは誰かの仕事に

======
『すごい!』
======

と感心したことはありますか?ちょっと思い出してみてください。


そして、あなた自身も『すごい!』と感じてもらえるような、

そんなプロを目指して欲しいと思います。

 


僕のコミュニティーでは、

アマからプロに育っていった人がたくさんいます。

その過程を間近で見ることもできるし何よりも、

あなた自身が体感することができるのです。

 

 

ぜひ参考にして、『すごい!プロ』を目指して下さいね!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す