研究から証明された!投資とサイコパスの関係性

 

 

こんにちは!

阿部です。

 

先日の衆議院選挙で当選した、

ある議員さんのセクハラ疑惑が報道されています。

 

この議員の職業は、”弁護士”ということですから、

社会的な地位も高く、正義感があり、向上心に溢れている

そんな方のはずなのに、、

 

疑惑が事実なら、この弁護士さんは、

かなりダークサイドに支配されているって感じですね。

 

実は、こういった人がもつ、

ある特性が投資においては、

興味ある結果を残したりします。

 

”サイコパス” という言葉を聞いたことがありますか?

サイコパスというのは、

日本語訳すると”精神病質者”となります。

 

精神病、あるいは反社会性人格障害

などを持つ人々のことを指す言葉です。

 

有名なサイコホラー映画

『羊たちの沈黙』シリーズで登場する

レクター博士が典型的なサイコパスです。

 

なんだか、

「ヤバいやつ」という感じですね。

 

良心がなく、

他人の心を共感することができない人、

 

生まれながらにして、

脳の構造が一般人と違うとも言われます。

 

特徴としては、

 

・幼児期から問題行動が多い

・他者の感情を理解できない

・非常によく嘘をつく

・無責任

・プライドが高く自己中心的

・一見、魅力的に見える

 

あなたはどうでしょう?

 

「俺ってサイコパスだぜ!」

 

なんて、手をあげる人も

いないかな〜〜と思うのですが、

 

実は、必ず、

何人かに一人は存在します。

 

マーサー・スタウトの著書

『良心を持たない人たち』によれば、

その割合は、全体の4%。

 

つまり、25人に1人です。

かなり多いですよね。

 

経営者や医師、弁護士などに

多く存在するともいわれています。

 

重要な場面で

ドライな判断をくだすためには、

 

共感する力がないほういい、、

そんな感じかもしれません。

 

あなたは投資に向いている性格について、

考えたことがあるでしょうか?

 

「俺は投資に向いているぜ!」

「私って、どうなのかしら、、」

 

あなたはどうでしょうか?

 

実は、サイコパスこそが

投資に向いている性格だと

いわれています。

 

アメリカのアイオワ大学の研究者が、

このことをつきとめました。

 

サイコパスはドライな判断で、

淡々と結果を出し続けるそうです。

 

「じゃあ、私はやさしい性格だから

 投資に向いてないの?」

 

「投資をするには

 サイコパスにならないとダメ?」

 

あなたは不安になるかもしれませんが、

安心してください。

 

ロナルド・ベアナードという

有名な投資家がいますが、

 

あえて彼はサイコパスになるよう

訓練を受けましたが、

 

結局、

なりきれなかったと告白しています。

 

つまり、

サイコパスではなくても、

投資家として結果を残せるということです。

 

では、実際に、

どうすればよいのかというと、

 

お金を見ない

というのがコツです。

 

「今日は●●円勝った」

 

「今日は●●円負けた」

 

投資の結果を

お金に換算してしまうと、

 

人は恐怖や欲望を

心のなかに抱いてしまいます。

 

お金を目の前にすると、

リアリティがあり過ぎて、

判断に影響が出てしまうのです。

 

投資の結果をお金に換算しない

できるだけドライな感情

投資にのぞむためには、

 

勝ち負けをなるべく

お金に換算しないのも手段の一つです。

 

たとえば月間の勝率や利益率などで

チェックするようにしてください。

 

週ベース、月ベースで

勝率何パーセント、

利益率何パーセント、

 

という感じで、

自分の投資結果を

チェックする感じです。

 

これなら、

サイコパスにならなくても

いいじゃないですか?

 

とはいえ、

そんなことしなくても

大丈夫だというあなたは、

 

参考程度にしてもらえれば

嬉しいです。

 

誰でも長所があれば短所もあります。

できるだけ短所は少なくしたいものですが、

 

あなたの短所さえも

投資にはプラスに化学変化させてしまう

 

そんな環境がココにあります!^^

⇒http://iabe.jp/2v4dcHP

 

知りたいなら行動するしかない

暗号通貨市場は、

とにかく新しい市場です。

 

どんな市場でも

先行者が得をすることが

当然のようにあります。

 

その先行者利益を

もしもあなたが得たいと思うなら、

行動するしかありません。

 

・目先の値動きに一喜一憂して、

 いつ買おう、いつ売ろう、といつも悩んでしまう

 

・上がっているはずの銘柄を取引していたのに

 自分の資金はマイナスになってしまう

 

・下がり始めると胸がグイッと締め付けられて

 辛くてチャートを見ていられない

 

・いつも適切な損切りができずに

 塩漬けになってしまう

 

・上がる銘柄を探し続けて

 やたらめったら情報収集をしまくっている

 

・「上がれ・・、上がれ・・」

 とチャートに向かって念じてしまう

 

もしもあなたが、

一つでも身に覚えがあるようなら、

コンマ1秒でも早く行動しましょう!

 

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です