リスクと危険の違い

 

 

お疲れ様です!

阿部です。

 

アメリカの長者番付「フォーブス400」が発表されました。

 

トップは24年連続の首位となるビル・ゲイツで、約9兆9700億円だそうです。

2位は昨年に続きアマゾンのジェフ・ベゾスCEO(約9兆1500億円)

3位がウォーレン・バフェット(約8兆7600億円)

という感じです。

 

ちょっと、想像がつかないほどの金額ですが、

僕も、このくらいの規模でビジネスができたらいいな〜〜、、

と思っています。

 

決して、無謀でもなく、ただ夢を見るのでもなくて、

目標にしたいと考えているのです。

 

そういえば、

トップに君臨し続けるビル・ゲイツが残した大切な言葉があります。

 

知っておいても損はありませんよ、、

 

本当にリスク=危険なのか?


投資でもビジネスでも、

必ず、セットでついてくるのが

「リスク」です。

 

この言葉には、

なんだか危険なイメージ付きまといます。

 

しかし、

 

「危険」と「リスク」では、

その本質的な意味が違うんですよね。

 

あなたは、

この違いについて、

明確に分かっていますでしょうか?

 

ひとつの答えはこうです。

 

「危険」とは、

単に避けたほうがよいものですが、

 

「リスク」は、

コントロールできるものです。

 

クスリのリスク

あなたが病気か何かで具合が悪いときには、

病院に行ったり、薬を飲んだりしますよね。

 

しかし、薬というのは、必ず、副作用という

「リスク」がともないます。

 

病気の原因や症状を抑えるだけではなく、

他の部分への負担が、必ずかかっているのです。

 

とは言え、

 

そのリスクをコントロールすることで、

健康を取り戻すこともできるのです。

 

一方、タバコやドラッグは、

かなり違います。

 

リスクではなく、

「危険」としか言えません。

 

ここが、

とても大きな違いです。

 

新しい試みには、必ずリスクがともなう

マイクロ・ソフト社を創業した

世界的な大富豪のビル・ゲイツ氏は、

 

「リスクをとらないことが、最大のリスクである」

という言葉を残しています。

 

私たち人間は、動物でもありますから、

危ないことからは本能的に避けてしまいます。

身を守るためには、それは仕方のないことです。

 

ですが、

安全ばかりを優先してしまうと、

何一つ、新しいことを生み出すことができません。

 

なので、

失敗した時のリスクをどこまで飲み込めるかどうか

自分でよく知っておくことが大切です。

 

リスクをコントロールできた者が成功する

自動車を運転することも、それと同じですよね。

事故にあう「リスク」は、

運転しているかぎりゼロにはなりません。

 

いくら自分が安全に運転していても、

誰かの危険運転に

まきこまれるリスクは必ずあるのです。

 

電車もぜったいに

事故がないワケではありません。

 

飛行機も、

めったに墜落することはありませんが、

墜落する可能性はゼロではありません。

 

そのリスクを

限りなくゼロに近づけることで

安心して乗れる感じです。

 

あなたが、

どんなに急いでいたとしても、

 

早く移動できるからと言って、

超音速の戦闘機から

パラシュートで降下する、、

 

そんな無謀で危険なことは

しませんよね。^^

 

なので、

 

あなたが、投資やビジネスで迷ったときには、

あなたが飲み込める「リスク」は何なのか?

ただの「危険」ではないのか?

 

ここをよく知ることが、

最も重要なことだと言えます。

 

戦場であなた一人で戦うのと

大勢の仲間と一緒に戦うのとでは、

 

あなたにとって、

リスクや危険をどう思いますか?

 

正しいリスクコントロールを知る方法が

ココにあります。

http://iabe.jp/2v4dcHP

 

集める情報が勝者の鍵!

暗号通貨市場は、

とにかく新しい市場です。

 

どんな市場でも

先行者が得をすることが

当然のようにあります。

 

その先行者利益を

もしもあなたが得たいと思うなら、

 

待っているだけなら、

誰も配ってなんかくれませんよね。

 

情報は、早く手を挙げた人から、

公平に知ることができます。

 

皆さんも、

ぜひたくさんの情報を集めてみてください!

 

 

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です