見逃すことも必要?負けない投資をする為のスキルを積みましょう

 

 

こんにちは。阿部です。

まず、あなたにお願いがあります。

 

この投稿を読んでくれたら、

必ず、「いいね」をしてほしいです。

 

あなたが読んでくれたことを

確実に知ることができれば、、

 

僕も励みになるので、、

ぜひ、お願いしますね!^^

 

見逃すことも必要?

あなたは野球は好きですか?

 

少し知っているひとなら、

「見逃し三振」という言葉を

聞いたことがあると思います。

 

ピッチャーが投げる球をすべてを

バッターは打ちにいくわけでは

ありません。

 

そもそも、

ピッチャーは打たせないように、

バッターが打つにくいコースを狙って

投げてくるワケですが、

 

バッターは、

打つのが得意のコースを待ちながら、

次にどんな球が来るのか予測して待ちます。

 

言い換えると、

自分が打ちやすい球を

待っている感じです。

 

なので、

 

バッターが打ちやすくない球を

投げられた時には、

わざとバットを振らずに

見逃すこともあるのです。

 

見逃し三振とは、

ツーストライクになっているときに、

ピッチャーが投げるストライク球を見逃して、

三振アウトになることです。

 

観客からすれば、

同じアウトになるなら、

 

「せめてバットを振りに行け!」

 

そんなヤジも

飛ばしたくなる感じです。

 

しかし、

投資の世界では、

ちょっと違っていたりします。

 

ウォーレン・バフェット氏は、

こんな言葉を残しています。

「投資に見逃し三振はない」

 

 

投資に見逃し三振はない

野球では、

三振したらアウトです。

 

しかし投資では、

たとえ何回、空振りしても、

アウトではないんですよね

 

そもそも投資では、

ピッチャーが投げるすべての球を

打ちにいく必要はありません。

 

あなたは、

打ちやすい球がくるまで

ずっと待つことができます。

 

つまり、

あなたが投資しやすい相場まで、

待つことができるのです。

 

これが、

野球と投資の違いです。

 

あなたが投資しづらい相場のときは、

思い切って相場から離れて、

 

「見逃し」していればいい感じです。

 

休むも相場

古くからの相場の格言に、

こういう言葉があります。

 

バフェット氏が言っているのと、

意味合いはほとんど同じですよね。

 

勝てる見込みが見えない時には、

むやみに投資する必要はありません。

 

いかに勝てる勝負にだけ参加するか、

それこそが、負けない投資です。

 

相場の格言やバフェット氏の言葉は、

とても単純な真理を言っています。

 

とはいえ、

違った行動をしてしまう

そんな人が多いのが現実です。

 

あせる気持ちがあると、

ついつい勝負に出てしまう

そんなことがよくあります。

 

すると当然、

負けやすくなります。

 

なので、

 

気付いた時からでも

決して遅くはありません。

 

投資では見逃し三振はない

あなたの得意な場面かどうかを

いかに見極めるか、

 

あなたの得意なパターンを

ぜひ固めちゃってください!^^

 

決してジタバタすることなく、

待てる投資家こそ、

勝てる投資家なのです。

 

勝つための環境がココ

http://iabe.jp/2v4dcHP

 

情報は公平に手に入れられる

暗号通貨市場は、

とにかく新しい市場です。

 

どんな市場でも

先行者が得をすることが

当然のようにあります。

 

その先行者利益を

もしもあなたが得たいと思うなら、

 

待っているだけなら、

誰も配ってなんかくれませんよね。

 

情報は、早く手を挙げた人から、

公平に知ることができます。

 

あなたが知りたい情報があるなら、

コンマ1秒でも早く、、

手を挙げたほうがいいと思います。

 

ぜひ自ら進んで情報を集めましょう!

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す