知らないと損をする!投資で成功する為のスランプ脱出法

 

 

こんにちは!

阿部です。

 

米メジャーリーグでは、ワールドシリーズの熱戦がつづいています。

 

ダルビッシュ、前田健太という日本人投手が活躍する舞台の陰で、

相手チーム選手から、人種差別的な言動を受けた、、、

 

そんな報道も伝わってきます。

 

レジェンドと言われる、イチロー選手も同様の経験をしています。

 

しかし、そんなことよりも

「プレーで結果を残すことが全て」

 

そこにコミットできているので、無問題って感じですよね。

 

そんなイチロー選手にも、実は大きな失敗がありました。

 

投資にもスランプが存在する

あなたは、

こんな時ってありませんか?

 

やるべきことをやっているのに

なんだかわかんないけど、

 

「うまくいかないな〜〜」

 

しかも、それが続いたり

することがあります。

 

スポーツ選手がありがちな、

”スランプ”になってしまう。

そんな状態です。

 

このスランプって、

スポーツだけではなく、

ビジネスでも投資にでも

存在したりします。

 

スランプから抜け出れなくて

苦労する人もいます。

 

そんな時に、あなたは、どう乗り切ればよいのでしょうか?

日米のプロ野球で今も活躍する

あのイチロー選手から学ぶ

スランプ脱出方法について

考えてみたいと思います。

 

イチロー選手は、

誰もが認める偉大なプレーヤーですが、

日米通算4000本安打という

伝説的な偉業を達成したときに、

こう言っていました。

 

ーーーーーーーーーーーーー

誇れるものがあるとすれば、

少なくとも8000回は

悔しい思いをしている。

それにきちんと

向き合ってきたことだ。

ーーーーーーーーーーーーー

 

つまり、

4000本のヒットとともに

8000回以上の失敗

すなわちアウトを経験しているのです。

 

その失敗の数だけ、

自分のバッティングを改善してきた

ということなのです。

 

イチローの失敗とは?

そんなイチロー選手が

スランプで1年間、悩み続けた

そんな時期がありました。

 

2015年、

彼は150キロ以上の速球を

うまく打てなくなってしまいました。

 

「もうイチローも年かも…」

 

とファンの間でも

ささやかれていました。

 

しかし、あのイチロー選手に

アドバイスができる人なんて、

誰もいなかったのです。

 

彼は、こうも言っています。

 

スランプ脱出の手段の引き出しが多すぎて迷う

つまり、

イチロー選手は器用すぎるため、

 

「あれも試してみよう、これも試してみよう」

 

ということができてしまうのです。

 

自分の中で、

自問自答を繰り返しながら、

試行錯誤を続けるのです。

 

そして、彼にとっては、

ほんのわずかな修正ポイントを

やっと見つけて対処すると、

 

翌年の打率は、

スランプがうそのように、

V字回復したのです。

 

結果的に見れば、

何でもできるスーパープレーヤー

だからこそ、

 

それが逆効果になってしまい、

1年間も悩み続けてしまったのです。

 

もしも、

的確なアドバイスができる人が

側にいてくれたなら、、

 

もったいない時間を

過ごすことがなかったでしょう。

 

投資においても、

同じことがあります。

 

それまでは、

いくらうまくいっていても、

 

ある日突然、、

スランプはやってきます。

 

「そんなはずはない、、」

 

スランプを受け入れたくはないけど

現実的に勝てなくなるのです。

 

そして、

 

知識や経験がある人ほど

手法をコロコロ変更してみたりします。

 

しかし、

 

あなたがもがけばもがくほど、

ドロ沼に足を引っ張られてしまいます。

 

そんな時には、

ぜひ、冷静に考えてみてください。

 

あなたが得たいのは、

投資で成功すること

 

そのはずですよね。

 

とにかくストイックに

自分一人の力でなんとかする、、

 

決して、

そこではないはずです。

 

修正ポイントが

大きい小さいよりも

いかに早く修正できるか

そこが大事だと思うのです。

 

スランプとは無縁になれる環境

それこそがココです。^^

⇒http://iabe.jp/2v4dcHP

 

知りたいなら行動するしかない

暗号通貨市場は、

とにかく新しい市場です。

 

どんな市場でも

先行者が得をすることが

当然のようにあります。

 

その先行者利益を

もしもあなたが得たいと思うなら、

行動するしかありません。

 

・目先の値動きに一喜一憂して、

 いつ買おう、いつ売ろう、といつも悩んでしまう

 

・上がっているはずの銘柄を取引していたのに

 自分の資金はマイナスになってしまう

 

・下がり始めると胸がグイッと締め付けられて

 辛くてチャートを見ていられない

 

・いつも適切な損切りができずに

 塩漬けになってしまう

 

・上がる銘柄を探し続けて

 やたらめったら情報収集をしまくっている

 

・「上がれ・・、上がれ・・」

 とチャートに向かって念じてしまう

 

もしもあなたが、

一つでも身に覚えがあるようなら、

コンマ1秒でも早く行動しましょう!

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です