転売は恥?ビジネス初心者が身につけるべき成功者のマインドセット!

 

 

こんにちは、阿部です。

 

突然ですが

あなたは「転売」「レーシック手術」について

どう考えていますか?

 

僕は小さいころから目がとても悪く

それが夢であったサッカー選手になることを

諦めた原因の1つになりました。

 

ですから

レーシック手術にはかねてから興味がありました。

 

費用は33万円でした。

安いものだと10万円程度のものもありますが

見え方や目の調子が値段によってかなり変わると

聞いたので一番高いのを選びました。

目は一生ものですからね。

 

そして、世界が一変しました。

眼鏡もコンタクトも必要ない生活。

今まで目を細めて必死に見ていた電車の電灯掲示板の文字が

裸眼で見えた時は本当に感動しました。

 

本当に医療って素晴らしいなと思いました。

人の悩みを解決できて

お金をいただきながら、お礼を言われます。

 

対して

「自分がやっている【転売】ってどうなのかな?」

「誰のためになっているのか、誰かを苦しめているのか?」

と考えてしまいました。

あなたはどう思いますか?

 

話しは逸れましたが、今回は

『転売で成功しているのは有益なものを提供している証』

『成功者が口にするのは未来だけ』

の2つについてお話しさせていただきます。

 

1 「転売」の成功が意味するもの

世間では「転売」というと

あまり良いイメージはないですよね。

ですが、僕はこのお仕事に誇りがあります。

 

転売に誇り持ってます!

当たり前のことですが

稼いだ分だけ、それに比例して「税金」を納めています。

 

その税金は道路を作ったり、学校等を建てたりと

間接的に社会貢献しています。

 

もう少し身の回りに目を向けると

転売で稼いでいるということは

「誰かにとって必要なものを提供している」

ということです。

 

「転売」というのは物を売りたい人と

その商品を買いたい人をつなげる役割をしています。

 

これは社会にとって重要なことだと思いませんか?

 

近所のスーパーや三菱商事等の商社などと

同じことをしているのですから。

 

転売の社会性

近くにあるスーパーがなくなったら困りますよね。

たとえ、そのスーパーの商品に店側の利益が

乗っていたとしても何の不満もありませんし

利便性を考えると営業していてほしいと思います。

 

わざわざ生産者のところへ行き、

「野菜やお魚を売ってください」

と言うのは大変なことです。

 

転売も同じことです。

実店舗にいけない人の代わりに、そのお店で商品を買い

そのお客さんのもとに商品を届けることができます。

 

電脳セドリであっても

なかなか人の目につかないところから

みなが利用しやすいところに出品することで

購入の利便性を上げているのです。

 

今、行っている転売はまだまだ規模が小さく

貢献しているという実感はほとんどありません。

 

しかし、転売という商売をコツコツと積み上げていけば、

扱う商品の種類・量を増やして、スーパーや貿易会社のように

なることも可能ですし

もっと社会に貢献していけます。

 

覚えておいていただきたいのは

「何かを提供しているから稼げる」

ということです。

 

稼げている=価値を提供している

僕の場合は、現在転売をしつつ

これからビジネスを始める方

もっと稼ぎたい方へ向けコンサルティングを行っております。

 

これがすごくやりがいを感じます。

 

独立したい方

夢がある方のお手伝いができ

「阿部さんから教わって本当に良かったです」など

お礼をいただくことができます。

 

コンサルも

僕が持っている考えや転売の手法を

提供することでお金を得ています。

 

転売を恥じる必要はありません

「もっと転売で稼いで

もっと人の役に立てるにはどうすればいいか」

ということを考えていけばいいのです。

 

さて、話しは変わりますが

ビジネスを始めて現在は教える立場にもなり

色々な方のお話を聞く機会があります。

 

そこで

「この方はすぐに結果が出せそうだな」

「この方はマインド変えないと難しいかもな」と

思う事がたまにあります。

 

それは過去の話をよくするか

未来の話をよくするかということに

関係してきます。

 

「1年前は月収100万円あったんですよ」

「あの時はよかったなあ」

「最近は稼ぎづらくなりましたね」

など・・・

 

『過去の栄光や自分がよかった事ばかりを話す方は

なかなか結果を出す事が出来ない人』

という印象があります。

 

大事なのは今であって、未来です。

 

ということで、

ここからは成功への道は過去は見ず口にするのは未来だけ。

ということをお話ししていきます。

 

2 過去に囚われず未来だけを口にする

過去にこだわっていても今稼げるわけではありません。

また、未来が開けるわけでもありません。

もちろん、過去の失敗から学ぶことは大切です。

ですが過去に引きずられてはいけません。

 

よく、宝くじあたったら何をしたい?

という話しをする方がいると思いますが

それは本当に無意味な会話だと思います。

 

当たったら何をするかを話すのではなく

当たるためにはどうしたらいいかを話すべきです。

 

全ては結果であり

結果を残した時の過程が自分自身を

大きくするのだと思います。

 

どれだけ自分が目の前のやるべき事に

コミットする事が出来るかが

未来を作るのであり

過去の話や自分が努力してもいない事の未来を語っても

それは単なる妄想にしか過ぎないですし

時間の無駄になってしまうという事です。

 

ソフトバンクグループの孫正義さんもおっしゃっるように

根拠のない自信は大切ですが

それに伴った過程が必要です。

 

目標を立て過程を踏む

僕はメルカリ転売ビジネスを始めてからは

誰にも負けたくないという一心で

全力で取り組んできましたので

ある程度の結果を残す事が出来ました。

 

また、その結果を出したことで

こうして情報発信が出来るようになり

人に教えるという仕事でも結果を出すことができています。

 

「なんとなくこうなったらいいな」

と思って今があるのではなく

ある程度計画してきた事が今現在

形になっているということです。

 

「絶対に来月は◯◯◯万円稼ぐ」

「◯◯◯万円稼いだら次はこれを形にする」

「その次はこうしてあーしてこれを形にする」

「これらを全て来月末までに達成させる」

毎日本気で念じてきました。

 

それに対して何をすべきかを明確にして

全てに取り組んでいました。

 

つまり、ビジネスにおいてラッキーで稼げてしまった

ということは99%ないと思います。

 

もしラッキーで稼げてしまったとしても一瞬のことで、

継続的な成功は難しいでしょう。

 

結果を出す人は結果を出すべくして結果を出しています。

 

過去は振り返らず

未来に向かって行動をして

それを自ら口にして念じる事で

未来は手に入れる事ができます。

 

「過去は振り返らず、口にするのは未来だけ」

いうマインドセットは、結果を出すために不可欠だと思います。

いかがでしたでしょうか?

 

3 転売の意味と成功者のマインドセット

今回は、

『「転売」で成功しているのは有益なものを提供している証』

『成功者が口にするのは未来だけ』ということについて

お話をさせていただきました。

 

どちらも、一見すると「何を言っているの?」

と思われるかもしれませんが

今回の記事を読んでいただいたことで

「なるほど」と思われる部分も

あったのではないでしょうか?

 

転売は決して恥ずかしいことではありません。

「購入者がいる」ということは、

あなたが有益なものを販売している証なのです。

 

また、成功するためにはその栄光に浸らず

前へ前へと未来のことを考え行動してください。

過去には、もう何もありません。

 

常に成功するための過程を踏み

未来の種を蒔いてていきましょう!

 

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す