今年絶対に押さえたい!仮想通貨重要イベント6つ【2019年3月21日】

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは本日の相場から確認していきましょう!

今日の相場は?→上昇!

本日、ビットコインは45万円台で推移しており、ここ24時間で約1%上昇

時価総額トップ10でも、多くの通貨がわずかに上昇していますね。

時価総額トップ100|急上昇ランキング!

こちらは時価総額トップ100の急上昇ランキングです。

ここ24時間でOntology (ONT)が約24%上昇!

Banko Wallet(仮想通貨ウォレット)がONTをサポートしたことで上昇していますね。

さて、それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

①絶対押さえたい「重要ファンダ」6つの材料をご紹介

有名仮想通貨メディアのコインポストは、記事『仮想通貨相場に大きな影響を与え得る「重要ファンダ」予定表』を公開。

トレーダーがぜひ押さえたい重要ファンダ(経済環境)がうまくまとめられているので、一部抜粋しご紹介します。

  • 2019年4月30日:英ブレグジット問題離脱期限
  • 2019年4月1日:楽天の仮想通貨取引所スタート
  • 2019年4月6日:VanEck版ビットコインETF判断期限
  • 2019年第1四半期(1〜3月):仮想通貨取引所ErisXのCFTCへのDCO申請認可見込み
  • 2019年前半:米ナスダック、来年上半期に「ビットコイン先物」提供
  • 2019年8月前後:仮想通貨ライトコイン(LTC)マイニング報酬の半減期

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

それぞれのイベントで、大きな価格変動の可能性があります。頭にたたき込んでおきたいですね。

個人的に注目しているのは、4月30日のイギリス・ブレグジット問題離脱期

これはイギリスのEU離脱についてメドとなる期限で、もしEU離脱が決定した場合、経済的混乱は避けられないでしょう。

離脱が決定した場合、英ポンドは25%暴落すると言われています。

英ポンドが売られるということは、退避先として仮想通貨が買われることが濃厚なので絶対に見逃せないファンダ材料ですね。

また4月6日のVanEck版ビットコインETF判断期限も重要です。

ただし、「どうせ、ETFはまだ承認されないんでしょ?」という空気が漂っているので、関心度は低下していますね。

②取引所Huobi、ICOプラットフォーム開始を公式発表!

世界最大の仮想通貨取引所フォビ(Huobi)は、ICOプラットフォーム「Huobi Prime」の開始を20日、公式に発表しました

先立って、取引所バイナンスもICOプラットフォーム「ローンチパッド」を提供するなど、取引所によるICOが広がりを見せています。

なお、Huobi Primeの第1回トークンセールの銘柄はTop Network(TOP)で、販売開始は3月26日の予定です。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

取引(トレード)はもちろん、ICOまでもが「取引所」に集約してきていますね

取引所はすでに多くのユーザー(投資家)を抱えているので、集客に有利です。

ICOプロジェクト側からしても、1からICOをやるよりも、ずっと多くの投資家にアプローチできますからね。

取引所に頼ったほうが、必然的にICOが成功しやすいのです。

近年、こうした「取引所への集約」が加速しています。

ということは、BNB(バイナンスの通貨)やHT(フォビの通貨)といった「取引所系トークン」は、どんどん強くなってくるでしょう。

投資家としては、ビットコインなど「非中央集権的」な仮想通貨とともに、「取引所系トークン」もぜひポートフォリオに組み込みこんでおきたいですね!

③XRP採用予定の「マネータップ」ついに法人化

仮想通貨リップル(XRP)を活用予定の送金アプリ「マネータップ(Money Tap)」が法人化したと20日、SBIホールディングスが発表しました。

マネータップは、リップル社の決済サービスxCurrentを活用したアプリ

将来的には仮想通貨XRPを活用する予定で、XRP実用化の追い風として期待されています。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

リップル上昇要因「マネータップ」は順調そうですね

SBIの北尾社長は、相変わらずリップルをゴリ押ししてくれています。

仮想通貨XRPを活用した送金技術xRapidについても、

「たぶん今年にはxRapidがどんどん資金移動業者に使われるようになると思う。XRPのプラクティカルユースを増やしていくことで、僕はビットコインを時価総額で簡単に超えると予想しているし、そう信じてる」

と発言。

ビットコイン超えを実現するためにも、まずマネータップの大成功を期待しましょう!

④藤巻健史氏「日銀破綻は近い、避難先は仮想通貨」

仮想通貨肯定派の議員「藤巻健史氏」が、日銀が破綻した際の備えとして仮想通貨を保有すべきだと、ダイヤモンドオンラインZAIの記事の中で述べました。

「日本でも、日銀が破綻するような最悪の場合はそういうことが考えられますから、仮想通貨を取引できる口座を持っておいた方が良いと思ったんです」

「もう日本の財政は、そういう状況にきている。明日、Xデー(日銀破綻)がきてもおかしくない

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

「ハイリスクな投資」と考えられがちな仮想通貨ですが、藤巻さんはむしろ、「安全資産」と捉えています。

この感覚、とても共感できますね。

僕は今の時代、「すべての人が仮想通貨を持つべき」だと思うんですよね

もちろん、仮想通貨へ集中投資し、資産を倍々に増やしたい人ばかりではないでしょう。

でも、日本円で100%貯金するということもまた「集中投資」みたいなもので、隠れたリスクが潜んでいます。

「日銀破綻」などというと現実味がありませんが、仮想通貨を保有することは攻めにも守りにもなるので一石二鳥です。

まだ仮想通貨を始めていない方は、取りあえず少額でもよいので購入してみてください!

本日のまとめ

  1. 絶対押さえたい「重要ファンダ」6つの材料をご紹介
  2. 取引所Huobi、ICOプラットフォーム開始を公式発表!
  3. XRP採用予定の「マネータップ」ついに法人化
  4. 藤巻健史氏「日銀破綻は近い、避難先は仮想通貨」

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す