日本のコンビニ決済にBCHが導入される可能性?Ver氏が発言

こんにちは、阿部です。

ビットコインキャッシュが、日本のコンビニの決済手段の1つとして導入される可能性が浮上しています。

この話は、Roger Ver氏の動画内での発言が発端となっています。

まだ確定事項ではありませんが、実現すればビッグニュースですね。

どのようなことなのかニュースを詳しくみていきましょう!

ビットコインキャッシュが日本のコンビニで採用?

Roger Ver氏の発言によりビットコインキャッシュが日本のコンビニの決済方法として採用される可能性が浮上しました。

Roger Ver氏は有名ポータルサイトのBitcoin.comのCEOで、暗号通貨関連で活動するエンジェル投資家でもあります。

Roger Ver氏は2018年6月3日、動画内で次のように発言。

実は今週、ある会議をしたんだ。

会議では、BCHは間もなく日本の数多くのコンビニで使えるようになると話されていた。

加えて、ビットコインキャッシュがコンビニで導入されると、商品だけではなく公共料金なども支払えるようになると述べました。

BCHは本当にコンビニに導入されるの?

Roger Ver氏の発言はあくまでフランクに述べられたもので、公式な決定について見聞きしたものを述べたものではありません

そのため、ビットコインキャッシュのコンビニ決済導入がなされるか?は客観的に考えるとまだまだ分からない状況といえます。

しかし、「可能性があるか?無いか?」という観点で考えると、可能性は「ある」のではないかと思います。

日本でも着実に暗号通貨決済を導入する企業は増加してきています。

家電量販店ビックカメラのケースもありますし、小規模な飲食店などを含めると、その数を追うことはもはやできない状況です。

Roger Ver氏の発言が本当なのか?は定かではありませんが、もし本当ではなかったとしても

いずれは日本のコンビニで、暗号通貨決済が導入される日がやってきても全くおかしくありません

BCHがコンビニで導入されるとどうなる?

 

ビットコインキャッシュが日本のコンビニに導入されたら、どのようなことが起きるでしょうか?

Roger Ver氏の発言からは、どのコンビニで導入されるのか?すらも明らかではありません。(セブン-イレブン?ローソン?ファミリーマート?など、その他、あまり見聞きしないマイナー企業かもしれませんね。)

しかし、日常的に誰もが利用するコンビニという場所で、ビットコインキャッシュが導入されれば、ビットコインキャッシュ自体はもちろん、暗号通貨業界全体の値上がりに繋がるということはほぼ間違いないでしょう。

1つの材料に踊らされないことも大切!

ビットコインキャッシュ決済がコンビニで本当に導入されるのか?という部分はまだわかりません。

しかし僕は個人的に「どちらでもいいのではないか?」とも思っています。

なぜなら、現時点でRoger Ver氏のいうようなBCH決済が導入しなくても、

将来的には、ほぼ確実に暗号通貨による支払い手段は広がっていくだろうと考えているからです。

Roger Ver氏の発言でBCHは約20%も上昇

Roger Ver氏の「コンビニでBCH導入」発言により、ビットコインキャッシュの価格は1000ドル台から1200ドル台に急上昇しました。

つまり、Roger Ver氏の発言により、ビットコインキャッシュを買った人々が多くいたということを意味しています。

そしてこれからも、こうした「○○で採用!」といったポジティブなニュースは、次々に報じられるでしょう。

そのたびに、価格も敏感に反応します。

それならば、じっくりと腰を据えてあらかじめ投資しておいたほうがリターンを得やすいですし、1つの材料に踊らされることもありません。

最近、チェコ首都であるプラハでは、人が行き交う地下鉄に10台のビットコインATMが新たに設置されました。

プラハには合計で34台のビットコインATMがあるといいます。

暗号通貨の普及の下地が日を追うごとに整ってきていますね!

いつ好材料となるニュースが来てもいいように、しっかりと戦略を練っておきましょう!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す