高セキュリティの取引所ビットバンク!コールドウォレットにも完全対応

こんにちは、阿部です。

2018年1月、コインチェックによる

ネム580億円流出事件が発生しました。

 

その影響で、ビットコインや

主要なアルトコインが売り優勢となるなど、

市場に影響が広がっていますね。

 

コインチェック事件を受け、投資家は

安全な取引所はどこなのか?

という判断を迫られるようになってきています。

 

そこで今回は、安全と考えられる取引所の1つとして

「bitbank」(ビットバンク)

を取り上げ、

どのような取引所なのか?セキュリティは安全なのか?

について分析していきたいと思います。

 

キーワードは、

コールドウォレット」「マルチシグ」の2つです。

 

コインチェック以外の取引所なら?

 

もともとコインチェックは、

国内三大取引所(bitFlyer、Zaif、coincheck)に数えられ、

人気の高い取引所でした。

そんなコインチェックの代わりとなる取引所を選ぶ場合、

第一に「取り扱い通貨の多さ」で選択する方法があります。

 

コインチェックのユーザーの多くは、

取り扱い通貨の豊富さにメリットを感じていたことでしょう。

 

ビットバンクでは、

  • 「ビットコイン」
  • 「ライトコイン」
  • 「リップル(XRP)」
  • 「モナコイン」
  • 「ビットコインキャッシュ」
  • 「イーサリアム」

の6種類に対応しており、

コインチェックよりは少ないものの

多くのユーザーにとって不満のないラインナップ数となっています。

 

ビットバンクはコールドウォレット保管率100%

 

コインチェックのネム流出の

最大の原因として指摘されているのは、

「ホットウォレット」での保管だったことです。

 

セキュリティを重視するためには、

インターネットから切り離した

「コールドウォレット」

で暗号通貨を保管するべきだったのです。

 

そこで、取引所を利用する側としては

コールドウォレット対応の取引所」を選ぶことが大切。

ただし、多くの取引所は

取り扱い通貨のうち、コールドウォレット対応なのはどのコインか?」や

顧客資産の何%がコールドウォレット保管なのか

などの詳細ついて公表していません。

 

そういったなか、ビットバンクは先日、

取り扱い通貨すべてでコールドウォレットに対応済み

顧客の暗号通貨は100%コールドウォレットで保管済み

であることを公式サイト上で公表しました。

(参考:『仮想通貨取引所ビットバンクのコールドウォレット・マルチシグ運用体制について』『ホットウォレットの顧客資産の割合について』)

ビットバンクのお申込みはこちら

 

ビットバンクは「マルチシグ」に対応している?

 

また、コインチェック流出事件の

もう1つの原因ではないかと疑われているのが、

シングルシグ」でネムを保管していたことです。

 

シングルシグとは、

暗号通貨を送金するときに必要となる

「秘密鍵」が1つのみの状態をいいます。

 

それに対し、

セキュリティに優れているのが「マルチシグ」で、

秘密鍵が2つ以上存在する状態となっています。

 

マルチシグ状態の暗号通貨は、

2つ以上の秘密鍵を同時に知らなければ盗めないため、

必然的にセキュリティは高くなります。

 

ただし、取引所が

どの暗号通貨をマルチシグ保管しているのかについて

詳しく公表するケースはほとんどありません。

 

そんななか、ビットバンクが先日、

それぞれの暗号通貨のマルチシグ対応状況を

詳しく公表しました。

 

〈ビットバンクのマルチシグ対応状況(コールドウォレット)〉

  • ビットコイン○
  • ライトコイン○
  • リップル(XRP)×
  • モナコイン○
  • ビットコインキャッシュ○
  • イーサリアム×

 

リップルとイーサリアムはマルチシグ対応ではありませんが、

これらの暗号通貨は現状、

マルチシグ保管した場合に

セキュリティ上の虚弱性があることから、

シングルシグ保管がベストなようです。

 

つまり、取引所としてのマルチシグ対応は

考えうる限りパーフェクトといってよいかもしれません。

 

コールドウォレット&マルチシグならビットバンク

 

ユーザーが心配しがちなセキュリティ上の懸念が

もっともクリアに説明されている点で

ビットバンクには好感が持てます。

 

コインチェック以外で、

セキュリティ面の安心な取引所をお探しの方にとって、

有力な選択肢の1つとなるでしょう。

 

今回は、「コールドウォレット」と「マルチシグ」の観点から、

取引所ビットバンクのセキュリティについて解説しました。

 

また、阿部悠人のLINEアカウントでは、

暗号通貨情報のサポートなどをおこなっております。

興味のある方は、ぜひお気軽に友達登録してみてください!

ビットバンクのお申込みはこちら

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す