ビットコイン、出来高減少で取引手数料が過去12ヶ月で最安値に

 

こんにちは、阿部です。

 

ビットコイン利用時にかかる取引手数料が

過去12ヶ月で最安値となりました。

(取引所の手数料ではなく、ビットコインそのものにかかる送金手数料です)

 

ビットコインはこれまで、送金手数料が高く、

それがネックで実用性が低いといわれていましたが、

いよいよ克服されてきた感じがありますね。

 

ただし、ビットコインの取引手数料が安くなることは、

必ずしもメリットばかりともいえません。

なぜなら、世界全体のビットコイン利用(送金量)が

少なくなっていることを意味するからです。

(厳密には、必ずしもそうとはいえませんが…)

 

今回は、ビットコイン利用時にかかる取引手数料が、

過去12ヶ月で最安値となったニュースを取り上げ、

投資家から見たメリット・デメリットについて考えていきましょう。

 

ビットコイン手数料・過去12ヶ月で最安値へ

 

2018年3月現在、ビットコインの取引手数料は

1ブロック当たり1satoshiという低い水準を記録しました。

 

1satoshiは、ビットコインにおける最小単位、

つまりこれ以上分解できないほど細かな単位です。

BTCで表すと、0.00000001BTCが1satoshiに相当します。

 

別の実験によると、10000ドル(約1万円)を送金した場合の手数料は

0.01ドル(約100円)に過ぎなかったとされ、こちらも異例の低さ。

 

これまでであれば、ビットコインでの少額の送金は手数料が割高となり、

少し損をしたような気持ちになるシーンもありました。

手数料が送金額を上回ってしまうことも

 

しかし取引手数料が低い現在では、

細かい金額の送金がやりやすい状況になってきているといえます。

 

なぜビットコインの手数料は安くなっている?

 

ビットコインの手数料が安くなることで、メリットこそあれ

デメリットを感じることはないかもしれません。

 

とはいえ、現在の取引手数料は、ピーク時の約40分の1。

これほどまでに送金手数料が安くなってくると、

何か特別な理由があると思わざるを得ません。

 

実は、ビットコインの取引手数料が安くなっていることは

その出来高(取引量)が少なくなっていることと関係しています。

簡単にいえば、取引量が増加するほど手数料が割高になり、

逆に取引量が減少すると手数料が割安となる。

これが、ビットコインの基本的な仕組みです。

 

2017年12月のピーク時には、

平均で55ドルの手数料がかかっていたビットコインは、

2018年3月現在、平均で1.27ドルまで減少しています。

 

これはビットコインを利用する側としてはメリットですが、

それだけ「ビットコインが使われなくなっている」証拠ともいえるのです。

 

盛り上がりに欠ける相場こそ、学ぼう!

 

ビットコインの取引手数料がピークだった2017年12月は、

同時に出来高のピークであり、ビットコイン価格のピークでもありました。

一方、現在は相場もあまり元気がなく、出来高も減少しています。

 

出来高・取引手数料・相場価格の3つはそれぞれが密接な関係にあります。

ビットコインの取引手数料が安くなっている主な理由は、

 

「ビットコイン相場が下落する」

     ↓

「一定の投資家がビットコイン投資をやめる」

     ↓

「出来高が減少する」

     ↓

「取引手数料が安くなる」

 

というサイクルによるものと考えられます。

このような、投資家に見放されている相場こそ、

実は仕込み時だったりするのは投資シーンで往々にしてみられるパターン。

今が投資をもっと知るチャンスといえるでしょう。

 

今回は、ビットコインの取引手数料が、過去12ヶ月で最安値を記録したことや、

そのニュースに対する考え方についてご紹介しました。

 

全てのニュースは何らかの形で、暗号通貨市場(価格)に関係しているので、

広い視野から考えていきたいところですね!

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

Leave a Reply